初心者でも安心の着付け教室ガイド

初心者でも安心の着付け教室ガイド

無理なく通える着付け教室の上手な選び方

外出授業があるのはココ 気軽に学べる教室ベスト3 授業が充実しているのはココ 費用が安い教室はココ 評判がいい教室ベスト3 総合ランキングを発表
口コミで選ぶきもの着付け教室ランキング » 厳選!エリア別着物スクールなび » 栃木

栃木

このページでは、栃木県で着付け教室を探している人向けに、おすすめの着付け教室を紹介します。それぞれの着付け教室の特徴や、料金体系、気になる無料体験の有無などについて解説します。
※当サイトに掲載している着付け教室の中から、着物の無料レンタルが可能で少人数制の初心者向けコースがある教室を紹介(2021年6月調査時点)

栃木県にある着付け教室簡単早見表

リーズナブルなレッスン料で
気軽に着付けを学べる教室
~雪花きもの学院~

雪花きもの学院公式HP
1回あたりの料金 500円~
(税不明)
無料オプション 無料体験レッスン、着物・小物等の無料レンタル

雪花きもの学院の
公式HPで
無料体験レッスンを確認

昭和36年創業の老舗呉服店
まるやまが運営する教室
~典雅きもの学院~

典雅きもの学院公式HP
1回あたりの料金 500円~
無料オプション 無料の体験レッスン、着物・帯等の無料レンタル、その他

典雅きもの学園の
公式HPで
無料体験について確認

雪花きもの学院

雪花きもの学院公式HP

引用元:雪花きもの学院公式ホームページ(https://sekkakimonogakuin.com/)

リーズナブルなレッスン料で
気軽に着付けを学べる教室
雪花きもの学院の公式HPで確認 無料体験について確認してみる

雪花きもの学院の特徴

雪花きもの学院では、着付けの資格取得を目的としているのではなく、生徒それぞれが自分で着物を着られる、そして着物を身につけて着物ライフを楽しめるということを目的としている教室です。
同学院の大きな特徴のひとつが、リーズナブルな受講料。「1レッスン500円」と非常に手ごろな価格設定となっているため、気軽に通学できる着付け教室であるといえるでしょう。
レッスンを行う際には、1クラス5名ほどの少人数制を採用しています。そのため非常にアットホームな雰囲気なので、講師への質問もしやすいのがメリット。わからないことをそのままにすることもないため、上達が早いといえます。

雪花きもの学院の無料オプション

雪花きもの学院では、これから着付け教室に通いたいと考えている方などに向けた無料体験レッスンを行っています。
無料体験レッスンの内容は、着物を選ぶところからスタート。その後、講師の丁寧なサポートを受けながら一人で着付けに挑戦します。この時着付けは洋服の上から行いますので、気軽に体験できるでしょう。この時、初心者にとっては難しく感じがちな帯結びについてもしっかりとサポートしてもらえます。
また、これまで着付けを習ったことがない、自分で着付けをしたことがないという方でも、無料で着物のレンタルを利用できますので安心です。

雪花きもの学院に通う生徒さんの口コミ

講師の先生方達がとても親切です!こんなに楽しい着付け教室があるのか!?と思うぐらい、続けて行きたいと思います!初級、中級、上級、雪組、花組と続けて行きたいです!!他装もやりたいです。
引用元:Google(https://goo.gl/maps/5qXY4oPc1X7ToykG9

着物の無料レンタル 着物や帯、小物は全てレンタルすることが可能です。レンタルを利用することにより、仕事帰りや買い物帰りに手ぶらで立ち寄ることが可能になります。利用希望の方は、あらかじめ相談しておくと良いでしょう。
授業の振替え 授業の振替にも対応可能です。仕事や予定などが急に入ってしまった場合でも、スケジュールに合わせてレッスン日を再度設定することができます。予定が変わりそうな場合には早めに連絡を。
実践の場 自身で着物を身につけてお出かけを楽しむ「着楽会」を開催しています。この会に参加することによって、これまで学んできた技術を活かせるため、興味のある方はぜひ参加を検討してみてください。
販売会 雪花きもの学院では、着物や帯などの購入をすることができます。ただし、教室で購入を強く勧めることはしないため、安心して買い物をすることが可能に。自分が気に入った着物や帯を購入できます。

雪花きもの学院の概要

コース 初級コース
費用 1レッスン500円(全10回、各2時間)
無料体験の有無 あり
住所 (宇都宮教室)栃木県宇都宮市駅前通り1-4-6 トナリエ宇都宮 3階
開講日 要問い合わせ
開講時間 10:00~21:00
休校日 年中無休
最寄駅 JR「宇都宮駅」より徒歩4分

雪花きもの学院の公式HPで確認 無料体験について確認してみる

典雅きもの学院

http://www.tenga.jp/

引用元:典雅きもの学院公式ホームページ(http://www.tenga.jp/)

老舗呉服店が運営する着付け教室!
典雅きもの学院の公式HPで確認 無料体験について確認してみる

典雅きもの学院の
特徴

典雅きもの学院は、日本全国で350店舗以上の店舗を展開している昭和36年創業の老舗呉服屋まるやまが運営する大手の着付け教室です。典雅きもの学院の大きな特徴として、まず、大手着付け教室でありながら年度ごとの授業開始時期及び終了時期が決まっていないため、思い立ったときにいつでも教室に通い始めることが出来る、という点があります。

また、生徒の目的や状況に応じて、様々なクラスが容易されている点も、典雅きもの学院の大きな特徴の一つです。典雅きもの学院のカリキュラムは生徒の目標に応じて、自分で着付けが出来るようになりたい人向け、人の着付けが出来るようになりたい人向け、両方が出来るようになりたい人向け、そして、プロを目指したい人向けの四つのコースに大別できます。

典雅きもの学院の
無料オプション

典雅きもの学院では、入会を考えている人を対象とした約一時間の無料体験レッスンサービスを提供しています。体験レッスンの際には帯や着物は無料でレンタルが可能。そのため、仕事がえりなどに、気軽に手ぶらでも体験レッスンを受けることが出来ます。

さらに、小さな子供がいる人向けのカリキュラムや、マンツーマンで基礎をしっかりと覚えたいという人向けのカリキュラム、グループレッスンで和気あいあいと勉強したいという人向けのカリキュラム、さらには、男性向けのカリキュラムなど、多くのクラスが容易されているため、自分自身がめざすものを、自分自身に合った仕方で無理無く勉強することができます。

典雅きもの学院に通う生徒さんの口コミ

元々、母が着物を持ってたので、着付けには興味がとても興味がありました。会社の同僚に誘われてことがきっかけで教室に通い始めましたが、先生は優しくてお話も楽しいし、ていねいに教えてくれるので、レッスンはとても楽しいです。最近は、ママ友みんなで展示会に遊びにく時などに気軽に着物を楽しんでいます。

先生はとても丁寧に優しく教えてくださいます。まだ入会してから日は浅いですが、先生のおかげで自分で着付けをして出掛けられるようにまでなりました。この間は先生に手伝ってもらいながら、友達の結婚式に色無地と袋帯で行きました。友達はとてもびっくりしてました。これからは母と着物で街を散歩したり、川越や浅草、鎌倉、その内京都へ着物で色々旅行に行きたいと思います。

着物の
無料レンタル
初心者向けの「無料体験レッスン」にて、着物や帯を無料でレンタルできるサービスあり。
仕事帰りや買い物帰りなど、手ぶらで立ち寄りレッスンを受けられます。
授業の振替え 授業の振替の情報は見つかりませんでしたが、教室の先生が同じである場合、事前申込により授業曜日の変更は可能です。曜日と時間は最初に決めておく必要があります。
実践の場 年間を通じて着物で参加できる食事会やパーティー、着物産地への研修会など、当学院主催のイベントを積極的に開催しています。
イベントは学院生にとって、着付けの技術を実践できる絶好の機会です。
販売会 着物の購入は希望すれば可能ですが、学院側から強制的に販売することはなく、購入する義務も一切ありません。
授業で使用する着物は受講生が持参するのが基本。
着物や帯を持っていない場合は、貸し出しサービスを利用できます。

典雅きもの学院の概要

コース 着物ふれあい・プレミアム・個人・資格取得など
費用 着物ふれあい・プレミアム・個人・資格取得など
無料体験の有無 あり
住所 宇都宮校 栃木県宇都宮市住吉町18-13 シーズンコート住吉1F
最寄駅 宇都宮駅徒歩20分
開講時間 10:00~18:00

典雅きもの学院の公式HPで確認 無料体験について確認してみる

「栃木」で着物を着て楽しめるスポットを紹介します

栃木県は、歴史的な観光スポットに恵まれた地域として知られています。歴史を感じられる場所は、着物を着て訪れるにはぴったりです。

栃木県で着物を楽しむ際には、ここで紹介したようなスポットをぜひ訪れてみてください。

「栃木」で着物を着て楽しめるスポットは?

栃木県には、徳川家に由来する歴史的建造物や、由緒正しい神社などが数多くあります。

  • 日光東照宮
  • 日光二荒山神社
  • 平家の里
  • 大谷寺
  • 鑁阿寺

日光東照宮

日光東照宮は、徳川初代将軍徳川家康公を御祭神としてまつっている神社です。

東照宮と呼ばれるようになったのは、1645年に宮号を賜ってから。現在の主だった社殿などは、徳川三代将軍家光公によって、に造替されたものが残っています。

日光東照宮は、世界遺産「日光の社寺」の構成資産であり、その中でも栃木県を代表する有名な歴史スポットとして知られています。

そんな日光東照宮には、数多くの見所があります。色鮮やかな彫刻が美しく、一日中見ていても飽きないくらいの見栄えから、「日暮御門」と呼ばれている陽明門。

神厩舎の壁に彫り込まれた、「見ざる・言わざる・聞かざる」で有名な「三猿」。家康の墓がある奥宮に通じる回廊にある「眠り猫」も有名です。

また、奥宮にある叶杉は、願い事を叶えてくれるとされているので、立ち寄った際にはお願い事をしてみるといいでしょう。そして二項東照宮に続く杉並木も壮観で、歩いているだけで元気をもらえそうです。

日光二荒山神社

日光二荒山神社は、日光東照宮の隣に位置している神社。日光東照宮と同じく世界遺産「日光の社寺」の構成資産であり、創建は8世紀とも言われている、非常に由緒正しい神社です。

二荒山神社という名前の由来は、ご神体が日光連山(男体山・女峰山・太郎山)だったこと、そのうちの男体山の古名前が二荒山だったこととされています。

日光二荒山神社は、もともとこの地域の一の宮として崇められていましたが、日光東照宮ができたことで、より江戸幕府や人々の間で大事にされてきました。

境内はとても広く、日光連山や華厳の滝、いろは坂まで含んでいます。そして御本社の祭神・大乙貴命は福の神・縁結びの神ということで御利益にあずかりたい参拝客で賑わってきました。

また、鎌倉時代から伝わるという「化灯籠」という石灯籠は、灯をともすと次々に形を変えると言われている灯籠。武士たちが何度切りつけても元の形に戻った、という逸話があり、その逸話を表すかのように、灯籠には多くの刀傷が残っています。

こうした場所を着物で訪れると、普段とはまた違った、少しタイムスリップしたかのような気分が味わえそうです。

平家の里・湯西川温泉

栃木県の北西部にある湯西川温泉には、平安時代末期に壇ノ浦の戦いで源氏に敗れた平家の落人が隠れ住んだという、平家落人伝説が残っています。

現地では、目立たないように、端午の節句に鯉のぼりを揚げない、鳴き声が大きい鶏や犬を飼わない、煙が出ないようにたき火をしないなど、その信憑性を高める慣習が今でも守られています。

また、今でも多くの古民家が立ち並び、6月には平家大祭という武者行列が行われるので、タイミングが合うのであれば、見に行ってみてもいいでしょう。

また、壇ノ浦がある下関市には、入水した安徳天皇を祀る赤間神宮という神社があるのですが、この神社から唯一分祀されたのが、湯西川温泉にある湯西川赤間神宮です。

こうした不思議な縁を巡ってみるのも、また一興です。

大谷寺

栃木県宇都宮市にある大谷寺には、洞穴の中に石で掘られた千手観音などの仏像があります。磨崖仏と呼ばれる、自然の岸壁に彫った仏像のことで、大谷寺の磨崖仏は日本でも屈指のものだと言われています。

磨崖仏の由来には諸説あり、平安時代に弘法大師空海が彫ったとも、海外からきた僧が彫ったとも言われています。

なぜそうした説があるのかと言えば、この磨崖仏にはシルクロードで用いられていたという手法が使われているから。そして大谷寺は東の国々を巡礼していた空海が開いたという説もあるからです。

大谷寺が、鎌倉時代にはこの地域を支配下に収めていた下野宇都宮氏の保護、そして江戸時代には藩主となった徳川家康の曾孫・奥平忠昌の保護を受け、歴史の中で続いてきました。また、また、日光東照宮建立の立役者・天海の弟子である伝海によって、お堂が再建されています。

そして現在、寺の向かいには、高さ27mもある巨大な平和観音が建てられています。これは太平洋戦争の戦没者供養と世界平和を祈って造られたもので、磨崖仏と同様、大谷寺のシンボルとして親しまれています。

こうした由緒正しいお寺を着物で巡ってみると、気持ちもまたリフレッシュできそうです。

鑁阿寺

鑁阿寺は、足利氏の2代目となる足利義兼によって建てられたお寺です。足利義兼は後の足利尊氏の先祖に当たり、当時は有力な源氏の御家人の一人でした。

鑁阿寺は元々足利氏の館で、寺というより武家屋敷のようなつくりが特徴的です。そして、歴史の中で徐々に寺院として整備され、現在では国宝となっている本堂は足利尊氏の父・貞氏によって建てられたものです。

時代の中では、当時の中国における最新の寺院様式を取り入れるなどして、時代の流れを汲んだ建築が行われていました。今日でも、そうした歴史の流れを感じられるようになっているので、一度足を運んでみることをおすすめします。他にも鐘楼やお経が保管されている経堂といった、歴史が感じられる建物も見所のひとつですよ。

そして現在では音楽フェスが開かれるなど、古いものにこだわるだけではない姿勢も魅力のひとつとなっています。

▲ ページの先頭へ
初心者でも安心の着付け教室ガイド