初心者でも安心の着付け教室ガイド

初心者でも安心の着付け教室ガイド

無理なく通える着付け教室の上手な選び方

外出授業があるのはココ 気軽に学べる教室ベスト3 授業が充実しているのはココ 費用が安い教室はココ 評判がいい教室ベスト3 総合ランキングを発表
口コミで選ぶきもの着付け教室ランキング » 厳選!エリア別着物スクールなび » 茨城

茨城

茨城県で着付け教室に通ってみたい、と思ってる方もおられるかもしれません。 そういう方はぜひこのページをご覧になってください。このページでは、茨城県内にある注目の着付け教室をピックアップして各教室の特徴やコース、料金、基本情報などを紹介しています。
※当サイトに掲載している着付け教室の中から、着物の無料レンタルが可能で少人数制の初心者向けコースがある教室を紹介(2021年6月調査時点)

茨城県にある着付け教室簡単早見表

着物を着て過ごす
「着物ライフ」を応援
~雪花きもの学院~

雪花きもの学院公式HP
1回あたりの料金 500円~
(税不明)
無料オプション 無料体験レッスン、着物・小物等の無料レンタル

雪花きもの学院の
公式HPで
無料体験レッスンを確認

和やかな雰囲気の中
前より着物が好きになる
~典雅きもの学院~

典雅きもの学院公式HP
1回あたりの料金 500円~
無料オプション 無料の体験体験、着物等のレンタル

典雅きもの学院の
公式HPで
無料体験について確認

本格的な着付けのスキルを
楽な気持ちでゆったり学べる
~長沼静きもの学院~

長沼静きもの学院公式HP
1回あたりの料金 3,630円~
無料オプション 無料着付け体験レッスン

長沼静きもの学院の
公式HPで
無料体験について確認

雪花きもの学院

雪花きもの学院公式HP

引用元:雪花きもの学院公式ホームページ(https://sekkakimonogakuin.com/)

着物を着て過ごす「着物ライフ」を応援
雪花きもの学院の公式HPで確認 無料体験について確認してみる

雪花きもの学院の特徴

雪花きもの学院は、それぞれの生徒が実際に着物を身につけて着物ライフを楽しめる」ことを重視したレッスンを行っている点が特徴です。気軽に着物を学べるという点を大切にしていることから、1回のレッスンの受講料は500円と非常にリーズナブルです。
また、同学院でのレッスンは1クラス5名ほどの少人数制を採用しています。このことから、もし着付けを進める中でわからないことがある場合でも、質問しやすいアットホームな雰囲気となっている点もポイント。振替レッスンにも対応しているため、自分の仕事などのスケジュールに合わせて通える点が嬉しいところといえるでしょう。

雪花きもの学院の無料オプション

雪花きもの学院では、無料体験レッスンに参加できます。レッスンではひとりで着付けに挑戦しますが、しっかりと講師がサポートしてくれるので安心。着物選びからチャレンジできるので、気に入った着物での着付けが体験できます。
当日は、洋服の上から着物を着る形でレッスンが行われますので気軽に参考が可能。初心者には難しく感じられる帯結びについても丁寧に指導してくれます。

雪花きもの学院に通う生徒さんの口コミ

講師の先生方達がとても親切です!こんなに楽しい着付け教室があるのか!?と思うぐらい、続けて行きたいと思います!初級、中級、上級、雪組、花組と続けて行きたいです!!他装もやりたいです。
引用元:Google(https://goo.gl/maps/5qXY4oPc1X7ToykG9

着物の無料レンタル 同学院では、気軽に着物を学べるように着付けに必要な着物や帯、小物は全てレンタルが用意されていますので、希望する方はあらかじめ連絡をしておくと良いでしょう。手ぶらでレッスンに向かうことができます。
授業の振替え レッスンの振替にも対応していますので、その日ちょうど予定が入ってしまった、忙しい、体調を崩したなどで教室に行けない場合には相談を。予定に合わせてレッスン日の変更が可能です。
実践の場 教室で身につけた着付けの技術を活かせる場として、着物でお出かけをする「着楽会」などのイベントを開催しています。イベントの開催日などの詳細については教室で確認を。
販売会 学院では、着物や帯を購入することもできます。ただし、教室に通っているから購入しなければならない、ということは一切なし。もしレッスンを受ける中で気に入った着物などがある場合には、購入を検討してみると良いでしょう。

雪花きもの学院の概要

コース 初級コース
費用 1レッスン500円(全10回、各2時間)
無料体験の有無 あり
住所 (古河教室)茨城県古河市本町1-2-1 コモディイイダ古河駅前店1階
開講日 水曜~月曜
開講時間 10:00〜19:00
休校日 火曜
最寄駅 東北本線「古河駅」から徒歩1分

雪花きもの学院の公式HPで確認 無料体験について確認してみる

典雅きもの学院

典雅きもの学院公式HP

引用元:典雅きもの学院公式ホームページ(http://www.tenga.jp/)

着物・帯は無料貸出、楽しい企画もあり!
典雅きもの学院の公式HPで確認 無料体験について確認してみる

典雅きもの学院の特徴

全国350店舗のまるやまグループが運営する着物教室「典雅きもの学院」。母体は呉服を扱う会社であり、着付け教室として誕生たことは、いわば必然だったといっていいでしょう。

学院の魅力は数多くありますが、特徴的なのは目的別に選べるコースです。和気あいあいと学べる「着物ふれあいコース」や、マンツーマンで着付け指導が受けられる「プレミアムコース」、回数・内容を自由に決められるプライベートな「個人レッスン」、男性のための「男性専科」、本格的な「資格取得コース(本科)など、カリキュラム内容が充実していると共に選択肢が豊富で、レベルやニーズに合わせてコースを選べるメリットがあります。

水戸校では着物を楽しむ事を重視して、「ふれあいコース」に力を入れているので、気軽に着付けを学びたい方に最適な教室でしょう。

典雅きもの学院の無料オプション

「着付けの世界がどういうものか」「教室の特徴や雰囲気は自分に合っているか」など、着付け教室の初心者は、色々な不安や疑問を抱きます。そこで、典雅きもの学院では初心者向けに無料体験レッスンを提供しています。無料体験レッスンは約1時間程度の短い体験コースですが、自分で内容が選べたり、先生と触れ合えたり、着付けの基礎が学べたりと、収穫は少なくありません。

レッスンに必要な着物や帯は貸し出しもあり、手ぶらで参加することもできるので、いきなり入校することに不安があるという方は参加してみるといいでしょう。

典雅きもの学院に通う生徒さんの口コミ

期待半分、不安半分で入校しましたが、通い始めてすぐに気持ちがほぐれて楽になりました。担当の先生が優しく丁寧に教えて下さったからです。そして技術や作法が身につくにつれて、自分に自信が持てるようにもなりました。目標までには道半ばですが、早くも感謝の気持ちで一杯です。

生徒のレベルに応じて適切な指導をして下さるので、焦らずにマイペースを保ちつつ、着実にステップアップしていくことができます。こんな自分でも着られるようになるのかと心配でしたが、今では当たり前のように自分で着られるようになりました。これからもお稽古を続けていきたいです。

着物の
無料レンタル
典雅きもの学院では、教室の雰囲気を理解してもらうために無料体験を行っています。着物に関しては参加者が選ぶことも可能ですが、選択に悩む人のためには教室側が最適な着物を選択して試してもらえます。着物・帯の貸し出しもあり手ぶら参加で参加すれば大丈夫。所要時間は約1時間です。
授業の振替え レッスン日は毎回予約制になっているので、いそがしい人、毎週決まった時間に通うのが困難な人にも無理なく通うことができます。振替え授業という決まったものはありませんが、実質的には授業日程を自分に合わせられるので、欠席のために知識に穴があくようなことはありません。
実践の場 典雅きもの学院にはひととおりの講座を終了する人にさらに知識を深めていく実践の場が用意されています。自装・他装の両方を学びたい人のための『資格取得コース』、講師をめざす人のための『着付師科(講師科)』、振り袖を着せたい方のための『着付師科(振り袖専科)』。着物の知識の真髄にいたる技術と知識を学べます。
販売会 典雅きもの学院は、1961年に設立され、全国にショップ展開している呉服中心の小売業『まるやまグループ』の一員です。ホームページには販売会のようなイベントは用意されていないようですが、最新の着物トレンド情報が常にわかりやすい環境にあります。

典雅きもの学院の概要

コース 着物ふれあいコース・プレミアムコース・着付師科など
費用 着物ふれあいコースの場合 1回500円
無料体験の有無 あり
住所 茨城県水戸市城南2-10-36和田ビル1-1号室(水戸校)
最寄駅 JR常磐線「水戸駅」南口徒歩10分
開講時間 月~金:①10:30~12:00 ②13:30~15:00
水・金:夜間18:00~19:30

典雅きもの学院の公式HPで確認 無料体験について確認してみる

長沼静きもの学院

長沼静きもの学院公式HP

引用元:長沼静きもの学院公式ホームページ(https://www.naganuma-kimono.co.jp/)

広々とした空間、気軽に足を運べる教室!
長沼静きもの学院の公式HPで確認 無料体験について確認してみる

長沼静きもの学院の
特徴

1949年に「きもの研究所」を設立して以来、70年に渡って本物の着付け教育を施し続けている、長沼静きもの学院。歴史と伝統ある着付け教室には信頼と安定感があり、指導技術やカリキュラムも充実しています。

特に魅力的なのが、目的やニーズに合わせて選べる様々なコースやプラン。1年間でカジュアル・セミフォーマル・フォーマルの着付けスキルが身に付く「着付師育成科」、たった3回のレッスンで小紋が着られるようになる「カンタンきもの入門講座」、本格的な着付けを覚えたい男性のための「男性専科」など、選択肢が豊富です。

また、茨城の水戸校は鹿島臨海鉄道大洗鹿島線水戸駅南口徒歩2分の場所に教室があり、アクセスの良さと通いやすさ、広々とした空間も魅力です。

長沼静きもの学院の
無料オプション

長沼静きもの学院では無料オプションとして、「無料着付け体験レッスン」を用意しています。内容は、60分間のレッスンの中で、文字通り無料で着付けの初歩が学べるお得な体験コースです。

体験レッスンとはいえ、実際の着付けを体験できるほか、先生や生徒と触れ合いながら教室の雰囲気を確認したり、実際のレッスン内容を尋ねることも可能で、思いのほか収穫があります。また、無料体験レッスンに参加することで、きもの着付科7か月の授業料が大幅値引きされるメリットもあり、しつこい勧誘を受けることもありません。

持参するものは一切なく、手ぶらで気軽に参加できるため、入会前に体験しておかない手はないでしょう。

長沼静きもの学院に通う生徒さんの口コミ

日本人なんだから着物ぐらい自分で着られるようになりたいと思い、一念発起して入校しました。知識やスキルを正しく身に付けるのは大変ですが、丁寧な指導と分かりやすい説明、学院独特の落ち着いた雰囲気のおかげで、日に日に成長していく自分を感じることができています。

入校した目的は教養を高めることでしたが、先生が楽しく面白く教えて下さるので、すっかり着付けの魅力に取りつかれ、今ではフリークになってしまいました。他の生徒さんたちと交わる時間も楽しいですし、教室に行くのがいつも楽しみです。今後ともよろしくお願いします。

着物の
無料レンタル
長沼静きもの学院には無料で着物を体験できる2種類の制度があります。実際に着物に触れ教室の雰囲気がわかる『無料着付け体験レッスン』(60分間)と着付師の仕事の世界を垣間見ることができる『着付師無料相談会』(80~100文字程度)。これらのイベントに参加した人は、本科の授業料割引特典があります。
授業の振替え 長沼静きもの学院には、当日に都合が悪くなったり、毎週同じクラスに出られない人のために振替え受講制度があります。同じ週のうちなら、同じ授業を行っている他の曜日・時間帯に振替えできます。また、毎週決まった時間に受講するのが困難な人は入学時に相談すれば対応してくれる場合もあります。
実践の場 長沼静きもの学院は1949年創立以来、70年以上にわたって文化としての着物を伝えてきました。これまでに何千人という卒業生がさまざまな場所で活躍しています。着付師や組紐の細工師をめざす人には最適の舞台が用意されている教室といえるでしょう。
販売会 着付けの授業を進めて行くうちに自分の着物がほしくなるのも当然の話。長沼静きもの学院ではシーズンごとに展示会なども行っています。授業の一環として作家の先生の実演を見る機会もあります。購入するしないは、当然ながら強制するものでないのでご安心ください。

長沼静きもの学院の概要

コース きもの着付科・着付師育成科・くみひも科・プレミアムコースなど
費用 きもの着付科の場合 15,400円(月謝制プラン)
無料体験の有無 あり
住所 茨城県水戸市桜川1-1-25 大同生命ビル4F
最寄駅 JR常磐線、水郡線、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線水戸駅南口徒歩2分
開講時間 平日:10:00〜12:00/14:00〜16:00/18:30〜20:30
土曜:10:00〜12:00/14:00〜16:00

長沼静きもの学院の公式HPで確認 無料体験について確認してみる

「茨城」で着物を着て楽しめるスポットを紹介します

茨城県は徳川御三家となる「水戸徳川家」があり、それゆえ江戸時代には非常に隆盛を誇った地域として知られています。

かの有名な「水戸黄門」こと徳川光圀公も水戸徳川家の人物です。そんな茨城県には、当時の雰囲気を色濃く残す名所などが数多く存在しています。

「茨城」で着物を着て楽しめるスポットは?

江戸時代、あるいはそれ以前から続く茨城県の名所の数々はいずれも、着物を着て訪れるにはぴったりの場所です。

  • 偕楽園
  • 弘道館
  • 西山御殿(西山荘)
  • 鹿島神宮
  • 笠間稲荷神社

偕楽園

日本三名園のひとつとして知られる「偕楽園」は、1842年7月、時の水戸藩第9代藩主・徳川斉昭公により領民が休養の場所として開園されました。

偕楽園という名前は「孟子」の「古の人は民と偕に楽しむ、故に能く楽しむなり」という一節から名付けられています。

園内には約100品種・3,000本の梅が植えられ、早春には梅を楽しむ人々で非常に賑います。また、桜やつつじ、萩といった植物も植えられており、季節によってさまざまな表情を見せてくれるのが、偕楽園の大きな特徴となっています。

園内の中程に位置する好文亭は、木造2層3階建ての好文亭本体と、木造平屋建ての奥御殿からなっています。

設計したのはなんと、徳川斉昭公ご本人とのこと。

この場所で人々が集まっていろいろな会が催されたのだとか。好文亭3階の「楽寿楼」から眺める千波湖や田鶴鳴梅林、四季の原などの自然の景観は、まさしく絶景。

着物を着て訪れれば、江戸時代のゆったりとした空気の流れを感じられそうです。天気のいい日に友人同士で集まって着物で偕楽園を散策する…きっと、優雅な1日を過ごせることでしょう。

弘道館

偕楽園同様、時の水戸藩第9代藩主・徳川斉昭公が設立した場所に「弘道館」があります。

この場所は「水戸が天下の魁となり、日本の国家を護り将来へ発展できる優秀な人材を育成する」ことを目的とし、1841年に設立されました。

現存する日本最古の学校・足利学校跡(足利市)や、日本最大規模の私塾・咸宜園跡(日田市)などと並ぶ近世日本の教育遺産群としてその価値を認められ、2015年には我が国の文化・伝統を守る日本遺産に認定されました。また、「正庁」「至善堂」「正門」は国指定重要文化財となっています。

偕楽園が「楽しむ場所」であるのに対し、弘道館は「学ぶ場所」。その特性は全く違いますが、徳川斉昭公が人々や地域の人々のためを思って設立したものであることに変わりはありません。

弘道館の館内は今なお藩校当時の空気感が漂っており、中に入ると江戸時代に来たかのような気分になれることでしょう。

着物を着て中を歩けば、自然と背筋がピンと伸びていそうです。ゆっくりと楽しむのと共に、こうした緊張感のある場所を訪ねてみるというのも、着物を楽しむという意味ではいいかもしれません。

西山御殿

「水戸黄門」で親しまれる水戸藩第2代藩主・徳川光圀公が晩年を過ごした隠居所が西山御殿です。豊かな自然に囲まれた静かな場所で、当時の雰囲気を色濃く残す簡素な茅葺屋根の建物は、世俗から離れ穏やかな暮らしを求めていたとされる光圀公の理想郷だと言われています。

光圀公はこの場所で、歴史書「大日本史」の編纂事業の監修をしていました。ゆったりとした時間が流れる雰囲気、自然に包まれた場所を着物で訪れれば、心穏やかに過ごせることでしょう。

水戸の歴史に親しむ意味でも、ぜひ足を運んでおきたいスポットの一つです。

鹿島神宮

鹿島神宮は、日本建国・武道の神様である「武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)」を御祭神とする神社です。古文書によると神武天皇元年(紀元前660年)の創建と伝えられています。

日本において近代まで「神宮」と呼ばれていたのは、伊勢神宮、香取神宮、鹿島神宮の三社のみ。歴史的な背景がある、由緒正しい鹿島神宮には、本殿だけでなく神宮全体から、りんとした厳かな雰囲気が漂っています。

鹿島神宮は、武道の神様をまつっているということで、古くから皇室や藤原氏、そして数多くの武士などから厚い信仰を得てきました。それと共に武術も盛んになり、生涯無敗を誇ったとされる剣豪「塚原卜伝」など、多くの武術家を輩出しています。

人生のターニングポイントの作用を持ち、邪魔するものをはねのけ進むパワーを持つとされるので、人生に迷っている方、あるいはこれから大事な場や仕事に臨む方などは、一度訪れてみてもいいかもしれません。

また、鹿島神宮では十二年に一度「御船祭」を行なっています。これは武甕槌大神の御分霊を祀った御神輿を載せた船団が、一の鳥居をくぐって千葉県香取市にある香取神宮の神職を乗せた船団に歓待を受け、鹿島で戻るとされる豪華な水上祭です。鹿島神宮に行く際は、こうした催し物をチェックしておくといいかもしれません。

笠間稲荷神社

日本三大稲荷の一つとされている「笠間稲荷神社」。創建されたのは白雉2年(651年)、実に1360年以上の歴史を誇る、由緒正しい神社です。

御祭神の「宇迦之御魂神」は生命の根源を司る「いのち」の根の神として、農業、工業、商業、水産業など、あらゆる殖産興業の守護神として、人々の生活すべてに御神徳を授けてくださるありがたい神様です。

商売などに縁のある方であれば、御利益を得られるかもしれません。本殿は江戸時代末期に建てられており、優れた彫刻などから、1988年に国の重要文化財に指定されています。

また、境内に生える二株の藤は樹齢400年にも及ぶ非常に古い歴史があるもので、八重の藤は1967年に県の天然記念物にも指定されました。

▲ ページの先頭へ
初心者でも安心の着付け教室ガイド