初心者でも安心の着付け教室ガイド

初心者でも安心の着付け教室ガイド

無理なく通える着付け教室の上手な選び方

外出授業があるのはココ 気軽に学べる教室ベスト3 授業が充実しているのはココ 費用が安い教室はココ 評判がいい教室ベスト3 総合ランキングを発表
HOME » きもの生活のススメ~着物で和を楽しむ・趣味・日本の文化編~ » 古都散策

古都散策

西は京都や奈良、東は鎌倉など、古の都を訪ねる旅の装いとして、和服は最もふさわしいものです。寺院や仏閣、庭園などの落ち着いた和の佇まいの中へ着物姿で身を置くだけで、日本人としての感性が研ぎ澄まされていくのを感じますね。

そこで、古都を着物で散策する際のポイント、着物選びのコツなどをご紹介しましょう。

きもの姿で趣味を~古都散策編~

古都 イメージ画像古くから続くお寺や神社、石畳の街並みなどを着物姿で散策することは、日本女性なら誰でも憧れるかもしれませんね。着付け未経験者や初心者にとって、旅先で着物を着ることほどハードルが高いことはなく「なかなか実現できない…」と言う方も多いことでしょう。

和装で古都散策と言っても、何も遠くへ出かけることだけではありません。最初は日帰りで行けるお寺や神社へお参りし、参道でお茶して帰って来る、だけでも立派な散策です。まずは、ご近所へのお出かけに着物を着てみることから始めましょう。

そのために心得ておくべきことはひとつ。長時間歩くことを想定した着物&小物の準備をする、という点です。履きなれていない草履で長い距離を歩くのはツラいもの。鼻緒を緩めて足入れを良くしておいたり、疲れない歩き方を自分なりに研究しておくといいですね。

京都イメージ古都散策の装いは、とりたててフォーマルである必要はありません。いつも着なれたお気に入りの小紋や紬に、帯や帯締めを自由にコーディネートして楽しみましょう。夏は浴衣に下駄で散策、というのもステキです。

季節に応じて、肌着を増やしたり減らしたり、熱さと寒さ対策は万全にしておく必要があります。日傘や扇子、手袋やコート、雨カバーなど、天候や気温を見ながら小物を上手く使い分けると、快適に散策が楽しめますね。

古都散策にふさわしい装い

  • 小紋(柄の着物に柄の帯など、自由にコーディネートを楽しんで)
  • 紬(着くずれしにくく動きやすいので、散策にピッタリ)
  • 浴衣(夏は涼しげで◎カジュアルな散策に)

着物で古都散策を楽しんでいる方の口コミ

女性 着物 イラストこの前、念願の京都へ着物で行ってきました。お寺や神社はもちろん、気になっていた和カフェや和食屋さん、お土産屋さんなどを巡って大満足。お気に入りの紬を着たのですが、行った先々でほめられました。ただし、神社やお寺は砂利道や階段など歩きにくい場所が多いので、草履の鼻緒が当たる部分が痛くなって困りました。

女性 着物 イラストアジサイの季節の鎌倉へ、毎年散策へ出かけます。着物で行くと風情があっていいのですが、季節柄、雨の日が多くて大変です。雨コートと草履の雨カバーは必携ですね。

タンスで眠っている着物をどんどん活用しませんか?
着物を着て、古都散策を楽しんでみませんか?
自分で着られるようになれば、楽しみも広がります。

良心的な費用で気軽に習える着付け教室を比較してみました>>

コンテンツ一覧
 
▲ ページの先頭へ
初心者でも安心の着付け教室ガイド