初心者でも安心の着付け教室ガイド

初心者でも安心の着付け教室ガイド

無理なく通える着付け教室の上手な選び方

外出授業があるのはココ 気軽に学べる教室ベスト3 授業が充実しているのはココ 費用が安い教室はココ 評判がいい教室ベスト3 総合ランキングを発表
HOME » きもの生活のススメ~着物で和を楽しむ・趣味・日本の文化編~ » 歌舞伎・お芝居

歌舞伎・お芝居

歌舞伎鑑賞や観劇へ、着物で出かける楽しさについて解説しましょう。

リニューアルしたばかりの歌舞伎座や新橋演舞場、京都南座などでの歌舞伎鑑賞は、舞台を堪能するだけではなく、劇場の華やいだ雰囲気の中へ身を置いて、行き帰りにカフェやショッピングで寄り道したり…というのも楽しみのひとつ。和の装いで出かければ、さらに気分が上がること間違いなし!ですね。

きもの姿で趣味を~歌舞伎・お芝居編~

歌舞伎座 イメージ画像歌舞伎へ出かけることそのものが、日常から離れて伝統芸能を楽しむ一大イベント。

歌舞伎座へ着物で出かければ、すれ違う人に注目されながらウキウキ気分で銀座を歩き、きらびやかな舞台の世界へどっぷりと浸って、より日本人であることを実感できるはず。芸術鑑賞ほど、和服が似合う席はありません。

劇場へ着物で行くときは、鑑賞する内容や劇場の規模などを考えて着るものを選びましょう。歌舞伎座や京都南座などの大劇場へは、付け下げや訪問着、色無地など、フォーマルでも通用する1枚を。金や銀の糸が入った華やかな帯を合わせて特別感を出すといいですね。

特に歌舞伎座などは、和の装いになれた着物通が集まる場所。地紋にこだわった色無地など、最上の勝負きものをコーディネートして、通を唸らせましょう。

小さな劇場や、現代劇などのお芝居へ出かけるときは、小紋や紬もおすすめです。

歌舞伎や観劇にふさわしい装い

  • 付け下げ(歌舞伎座など大きな劇場へ出かける時に)
  • 色無地(華やかな帯を締めて歌舞伎座へ)
  • 小紋(大劇場から小さな劇場での観劇にも)
  • 紬(現代劇や小さな舞台の観劇に)

着物で歌舞伎や観劇を楽しんでいる方の口コミ

着物 女性 イラストいままで歌舞伎座へ行くときは、どんな着物を着て行ったらよいのか迷い、物怖じしてしまって洋服で出かけていました。最近、母から結城紬を譲り受けたので「紬はどうかな…」と思いつつも歌舞伎座へ着て行ったところ、化粧室で「ステキね」と声をかけられました。

着物 女性 イラスト歌舞伎や能の鑑賞へは、できるだけ着物で出かけるようにしています。私のような20代の和服姿はまだまだ少なく、ちょっと目立ってしまうのですが、逆にそれが快感で。若いので許されるかな、と可愛らしい柄の小紋に個性的な柄の帯などを合わせて、私なりのコーディネートを楽しんでいます。

タンスで眠っている着物をどんどん活用しませんか?
着物を着て、歌舞伎や観劇にでかけてみませんか?
自分で着られるようになれば、楽しみも広がりますね。

良心的な費用で気軽に習える着付け教室を比較してみました>>

コンテンツ一覧
 
▲ ページの先頭へ
初心者でも安心の着付け教室ガイド