初心者でも安心の着付け教室ガイド

初心者でも安心の着付け教室ガイド

無理なく通える着付け教室の上手な選び方

外出授業があるのはココ 気軽に学べる教室ベスト3 授業が充実しているのはココ 費用が安い教室はココ 評判がいい教室ベスト3 総合ランキングを発表
口コミで選ぶきもの着付け教室ランキング » きもの生活のススメ~着物で和を楽しむ・趣味・日本の文化編~ » 日本舞踊

日本舞踊

着物と日本舞踊は常にセットになっているといえるでしょう。洋装で日本舞踊を踊る姿はあまり想像できないもので、発表会などで日本舞踊を鑑賞する場合にも、着物で訪れる人が多いようです。とはいうものの、着物さえ着ればマナーにかなっているというほどに簡単なものありません。ここでは日本舞踊を演じるとき、鑑賞するときにふさわしい和服について紹介します。

着物姿で趣味を~日本舞踊編~

日本舞踊とは?

日本舞踊とは、シンプルに理解すれば「日本」の「踊り」。しかし、歴史の中でさまざまな出来事があり、日本舞踊のなかにもさまざまな潮流が生まれ、それらが合わさった形で現在までに日本舞踊は確立されてきました。

第一は、歌舞伎舞踊。江戸時代に歌舞伎の様式が整えられていく段階で、演劇の要素を切り離して踊りだけを文化として発展させる動きがありました。このような形で発展してきただけに、歌舞伎舞踊には物語の背景が重要な要素を占めていて、踊る側にも演じるキャラクターの心情を理解することが求められます。

第二は、能の影響を強く受けている日本舞踊です。旋回動作や歩行の手法などに能の影響が強く見られるほか、笛や太鼓など能に使われてきた楽器がそのまま使用されています。

第三は、民謡や民俗芸能の影響を受けている部分。それぞれの時代の日本舞踊のリーダーたちは積極的に民俗芸能の動きを取り入れ、表現の幅を広げてきました。現在に伝えられている部分では跳躍の動作がこれに当たります。

そして最後は、20世紀に入って日本が欧米文化の影響を受けるようになってきてから広がった、自由な表現形式です。常に「日本舞踊は何か?」という議論を巻き起こしながらも新しい表現形式を作り上げ、伝統の制約から一歩踏み出す表現もされてきました。

その他にも、関東と関西の文化的なバックグランドの違いなどもあり、現在の日本舞踊は多様な広がりを見せています。

日本舞踊と着物

着物姿を楽しみたいと考える方は多いでしょうが、着物を美しく着こなすのはむずかしいのも事実です。明治時代の着物美人と自分を比べてみると、体型や身のこなしから違っていると感じてつい苦笑いしてしまうこともあるはず。

しかし着物のプロに意見を聞いてみると、だれでも日本舞踊のお稽古をはじめると、着物姿もみるみるうちに美しくなってくるそうです。着物を美しく切るための、日本舞踊のポイントをいくつか挙げてみましょう。

着物にフィットする日本舞踊の首と肩の動き

着物に合うボディスタイルは、なで肩で細長い首だとよく言われます。しかしそんな簡単には体型は変えられません。ところが日本舞踊の身のこなしをマスターすると、なで肩、細長い首という理想のイメージに近づけられるから不思議です。首を傾けて肩をぐっと落とすことで、なで肩と細長い首に見せることができます。美しい身のこなしをつくる第一歩ですね。

体幹とインナーマッスルを鍛えて美しくなれる

筋肉がつくと大柄に見える、と抵抗がある人もいるかもしれませんが、体の中にある見えない筋肉を付けると、むしろスリムに美しく見えることをご存じでしょうか?日本舞踊につきものの、姿勢を崩さず、ゆっくりと体を落としていく・・・というような動きは最初きつく感じるでしょう。しかし繰り返しお稽古していくうちに腹筋、背筋、体幹、インナーマッスルといった美しい仕草をつくるために必要な筋肉もしっかりと増えていくといいます。

このように日本舞踊を美しく踊るための練習をつづけていくことで、自然と着物が似合う日本美人に一歩踏み出せるというおトクな一石二鳥が体験できるようです。

日本舞踊を見に行くときには、どんな着物がぴったりですか?

知り合いの発表会を見に行くときに忘れてはいけないのはお祝いの心。あくまでも主役は演者であり、見に行く人は脇役なので、あまり目立ちすぎないのがいいでしょう。だけどそれでも、センスの良さは見せつけたくなりますよね。そこで、以下の2点の着物をおすすめします。

付下げの着物

付下げの着物は、準礼装に近い種類で未婚、既婚を問わず着ることができます。訪問着と同格ですが、紋が入ったものはありません。友人の結婚披露宴やパーティ、クラス会、茶会、観劇など、正式な場やあらたまった場に最適な着物といわれています。お子さん入学式や卒業式にも着て大丈夫な着物ですので、お友だちの日本舞踊の発表会にもぴったりですね。

無地の着物や紬の着物

黒以外の一色に染められた無地の着物は、幅広く着ることができるので大変に便利です。派手すぎず上品な色を選べば、脇役の立場を尊重しつつ、センスの良さをアピールできます。

もう少し気軽な発表会などには紬の着物もオススメです。糸を染色してから織り上げて生地にした紬の着物は、帯と小物の組み合わせ方により、観劇や趣味の集まりなどにも着ていけます。上品で控えめな姿をアピールする、ちょっと高度なテクニックにも思えますが、付下げ、上品な色の無地、紬の着物を場の雰囲気に合わせて選べば地味すぎず美しく着こなせますよ。

日本舞踊発表会にふさわしい装い

  • 付下げのきもの
  • 無地のきもの
  • 紬のきもの
 
▲ ページの先頭へ
初心者でも安心の着付け教室ガイド