初心者でも安心の着付け教室ガイド

初心者でも安心の着付け教室ガイド

無理なく通える着付け教室の上手な選び方

外出授業があるのはココ 気軽に学べる教室ベスト3 授業が充実しているのはココ 費用が安い教室はココ 評判がいい教室ベスト3 総合ランキングを発表
HOME » きもの生活のススメ~着物で和を楽しむ・趣味・日本の文化編~

きもの生活のススメ~着物で和を楽しむ・趣味・日本の文化編~

着物で茶道茶道や生け花、日本舞踊など和のお稽古は、今も昔も日本女性のたしなみとして人気が高いもの。

お茶会や発表会などは着物で出かけるのが基本ですから、和服とはとても縁の深い趣味ですね。これらの趣味を持つ方は、着物と触れ合う機会が自然と多くなることでしょう。

歌舞伎や寄席、観劇、大相撲観戦、古都散策など、日本文化に触れるイベントにも、着物で出かけると気分がアップします。自分の気持ちが高まるだけではなく、着物を着ているだけで、ちょっとしたサービスや心遣いをいただいたり、出かけた先々で得をすることがありますよ。

着物で歌舞伎このように、趣味やお出かけなど、日常生活の中のちょっとした機会に和服で装うことが、私たちの生活に潤いを与えてくれます。

古くから受け継がれる技によって作り出された着物や帯を身につけるだけで、普段は意識することのない自分自身のルーツに触れ、周りの方の優しさや思いやりを感じることができるでしょう。特に、母や祖母から譲り受けた着物を身にまとった時の感慨はひとしおです。

和装を楽しむことは、日本女性としての人生を楽しむこと。あなたの人生を大いにエンジョイするために、ちょっとしたイベントへ着物で出かけることから始めませんか?

日常生活に着物を取り入れるときのコツ

着物はもともと、昔の人たちが日常生活で着ていたものです。

現在では冠婚葬祭や成人式などのイベント、習い事などでしか着なくなってしまいましたが、日常生活に着物を取り入れるのだってもちろんOKです。

とはいえ、着付け教室で習うような形で着物を着て日常生活を送るのはちょっと無理があります。

ここでは日常生活に着物を取り入れるときのコツをまとめました。着物を普段着にしたいという人はぜひ参考にしてください。

■普段着用の着物を用意しよう

一般的に、着物というと「正装」を思い浮かべると思います。しかし、高価な着物を着ていると汚れなどが気になってしまいますよね。

また、着付けも難しいため朝起きて着物を着るだけでも一苦労です。

日常生活に着物を取りれるのであれば、ぜひ普段着用の着物を購入してください。普段着用の着物ならお手頃な値段で購入できるため、多少汚しても気になりません。

また着るのも簡単なので、洋服を着るときと同じようにぱっと着ることができますよ。

■手入れしやすい素材を選んで

高価な着物はたいていの場合は絹でできていますが、絹の着物はお手入れが大変です。

日常的に着物を着るのであれば、毎日毎日丁寧にお手入れするのは難しいでしょう。また、しょっちゅうクリーニングに出すわけにもいきません。

普段から着る着物は、手入れしやすい素材のものを選ぶようにしましょう。木綿やウールでもいいですし、最近ではポリエステルなどで出来ている着物も販売されています。

このような素材の着物なら洋服と同じように洗濯できるため、手入れがとても楽ですよ。

■自分に合った着こなしを

着付け教室では、正装のためのきちっとした着方を教わると思います。もちろんしっかりと着付けた着物姿は大変美しいものですが、普段からこの着付けでは動きにくく不便です。

楽に動くことができる、自分なりの着こなしを見つけましょう。

なかには「着物はこうあるべき」という固定観念を持っている人もいますが、あまり形式にこだわっていると着物を普段着にしたばかりに窮屈な思いをすることになってしまいます。

ぜひ自分なりのスタイルで着物を楽しんでください。

着物を普段着にするメリットとは?

着物は見た目の美しさにぱっと目を引かれますが、着物を普段着にするメリットはそれだけではありません。

着物は姿勢の改善に役立つといわれており、猫背や姿勢のゆがみなどを直してくれます。姿勢の悪さが原因で起こる肩こりや頭痛も、日常的に着物を着ることによって改善するかもしれません。

また、着物を着ることによって冷えも解消するといわれています。着物を着るときにはお腹に帯を巻きますし、中にタオルも入れるので、保温性が高くなります。

さらに、足袋を履けば足元も温めることができます。多くの女性が悩んでいる冷えを解消できるのは、大きなメリットだといえるでしょう。

このように、日常生活に着物を取り入れるのは健康増進にも効果的です。

姿勢や冷えで悩んでいる人は、普段から着物を着ることで悩みが改善するかもしれませんよ。

普段から着物で生活している人の年代別割合

普段から着物で生活を送っている人は多くはありませんが、一部の人は日常的に着物で過ごしています。

では、着物で生活している人が多いのはどの年代なのでしょうか。

ある調査によると、日常生活に着物を取り入れている20代女性は1.2%、30代女性で1.1%、40代女性で1.2%。ほぼ横並びの結果となりました。

しかし、50代女性では4.4%の人が日常生活に着物を取り入れているという結果が出ています。これは22~23人に1人という割合なので、想像より多いかもしれませんね。

興味深いのは、50代以上の女性では23.3%もの人が習い事で着物を着ているということ。

習い事で着物を着ていたら、思いのほか着心地が良くて日常生活でも着るようになった・・・というパターンなのかもしれませんね。

日常生活に着物を取り入れるときの注意点とは?

■時間に余裕をもって行動する

よほど着物に慣れている人でなければ、はじめのうちは不便に感じることもあると思います。

階段の上り下りなどで苦労することもあるので、慣れるまでは時間に余裕をもって動くようにしましょう。

■お手洗いで焦らないようにする

日常生活で着物を着るのであればトイレは必ずマスターしなければいけません。

洋式トイレでも和式トイレでも問題なくトイレができるようにしておくと、いざというときに焦らなくて済みますよ。

■人目を気にせず堂々と着る

そして、日常生活に着物を取り入れている人が口をそろえて言うのが「人に見られる」ということです。

現代の日本では普段から着物を着用している人は多くはないので、これは仕方ないかもしれません。

人目が気になるという人もいるかもしれませんが、日本の民族衣装である着物を日常生活に取り入れるのは素晴らしいことです。

着物を普段着にしている理由を訊かれたら、堂々と「着物が好きだから!」と答えてくださいね。

コンテンツ一覧
 
▲ ページの先頭へ
初心者でも安心の着付け教室ガイド