初心者でも安心の着付け教室ガイド

初心者でも安心の着付け教室ガイド

無理なく通える着付け教室の上手な選び方

外出授業があるのはココ 気軽に学べる教室ベスト3 授業が充実しているのはココ 費用が安い教室はココ 評判がいい教室ベスト3 総合ランキングを発表
HOME » 着付け教室をもっと詳しく知りたい » どんな資格が取得できるの?

どんな資格が取得できるの?

はじめは「着物を自分で着られるようになればいいな」と思って始めた着付けにハマり、「もっと深く学びたい」「教える側になりたい」と思うようになる方も多いです。

ここでは、着物の着付け教室で取得できる資格についてご紹介。また、修学後、どんな仕事に活かせるのかも解説していきたいと思います。

着物の着付け教室で取得できる資格の一例

  • 三級着付講師
    一定のカリキュラム終了後、実技・筆記試験をクリアすることで交付。普段着からフォーマルまでの着付け、帯結び、人に着付けるための技術を習得します。
  • 二級着付講師認定証
    実技と筆記試験を受けることで交付。留袖や振袖のひも使い、帯結びなど、より高度な技術を追求していきます。
  • 一級着付講師認定証
    生徒に着付けを教えるための技術や、教室運営を習得します。多彩な帯結びの研究や、花嫁衣装の着装技術も学んでいきます。
  • 着付け技能士
    着付け技能士は、国家資格である技能検定制度の一種。職業能力開発促進法に基づく指定試験機関(社団法人全日本着付け技能センター)が実施する、学科・実技試験に合格することで取得できます。
    1級は厚生労働大臣名、2級は技能センター理事長名の合格証書が交付。1級を取得するためには実務経験が必要であり、実務経験のみの場合は5年、大学・短大・高校専攻科卒業の場合は3年となっています。

資格を活かせる仕事

着付けの資格を活かせる仕事着付け師や着付け講師は、着物の着付け全般を請け負います。成人式や結婚式などの晴れの日だけでなく、日常の外出や訪問着などの着付けなど幅広いニーズがあるため、資格を取得しておくことで一生もののスキルとなります。

結婚式場や呉服売り場、美容院などの勤務をはじめ、出張着付けや自宅での着付けなど、仕事のスタイルはさまざま。雑誌モデルやタレントの着付けを行う、和装スタイリストなどの職種も注目されています。

着付けを仕事にするためには、技術だけでなく、着物の生地や染めの種類・年齢に合わせた着付けなど、いろいろな知識を身につける必要があります。流行や新しい技術に目を向け、常に学び続ける姿勢を大切にしたいものですね。

評判の着物着付教室をレッスン内容や口コミで比較しています

コンテンツ一覧
 
▲ ページの先頭へ
初心者でも安心の着付け教室ガイド