初心者でも安心の着付け教室ガイド

初心者でも安心の着付け教室ガイド

無理なく通える着付け教室の上手な選び方

外出授業があるのはココ 気軽に学べる教室ベスト3 授業が充実しているのはココ 費用が安い教室はココ 評判がいい教室ベスト3 総合ランキングを発表
HOME » きもの生活のススメ~着物でおでかけ・四季のイベント編~ » 【冬】正月・初詣

【冬】正月・初詣

お正月のあいさつ回りや初詣は、普段あまり着物を着ていない方でも気軽にデビューできる絶好のチャンス。お正月に着る着物には、形式も格式も関係ありません!気分がアップするような好みの柄や色の一着を選んで、一年の始まりにふさわしい、華やかな装いででかけましょう。

着物ででかけよう~正月・初詣編~

初詣 イメージ画像着物と聞くと、振袖や訪問着などフォーマルなものをイメージしがちですが、初詣に行くのにそんな格式ばった着物を着ていく必要はありません。

小紋でも紬でも、木綿でもウールでも、自分自身の気持ちが上がる好きな着物を選べばOK!華やかな柄の小紋に、好みの色の帯や帯締めと帯揚げを合わせ、カラーの足袋を履いたりと、コーディネートは自由自在です。

初詣の女性防寒対策に、羽織やファーの襟巻、着物用のコートなどを用意しておくといいですね。初詣は手元が冷えるので、ロングの手袋は必須です。着物の下に、温かな肌着を数枚着こんでおくことも忘れずに。

ただし、お世話になっている方や、目上の方へ新年のあいさつに伺う時などは、ちょっとフォーマルな要素も入れて、色無地や付け下げで出かけるのが無難です。

着物は渋めの色の無地でも、帯や小物に華やかさをプラスすれば、お正月らしい装いになります。

正月・初詣にふさわしい装い

  • 色無地:目上の方へのあいさつ回りに
  • 付け下げ:ちょっとフォーマルな場所へのあいさつに
  • 小紋:初詣や親戚周りなどに
  • :気軽な初詣にピッタリ

初詣にぴったりの着物の柄とは?

お正月や初詣に着物はとてもピッタリです。華やかさと気品が備わっているので、新年の節目を迎えるのに相応しいだけではなく、日本の文化や風習を実感できるひとつのきっかけにもなります。お正月だからこそ、着物の柄や色合いも、おめでたさが感じられるように選ぶのがベストです。

着物にあしらわれた柄にも、「縁起が良い柄」というものがあり、代表的な柄として「松竹梅」や「宝づくし」が挙げられます。これらの柄は、昔から縁起が良いものでお祝いにふさわしいとされる模様なのです。他にも植物や動物などもありますが、これらにはちゃんとした意味が込められています。ここでは、昔から縁起が良いとされている有名な柄と意味をいくつかご紹介していきましょう。

  • 松竹梅:寒さに負けずに縁を保つ松と竹、花を咲かせる梅の組み合わせから出来ている文様
  • 宝づくし:宝物を集める袋や願いが叶う宝の玉、宝剣や宝輪などの宝物を一か所に集めた文様
  • 吉祥文様:祝意を表現した文様で、縁起が良いとされている植物や動物が描かれている
  • :昔から雀は縁起が良い鳥とされていて、家内安全や一族繁栄の象徴
  • 扇子:「末広がり」を表す縁起の良い形とされている
  • :立身出世を象徴している
  • 麻の葉:生命力の強さから健康祈願の象徴とされている
  • 鳳凰:不老不死を与えて病気を治すという文様

着物の柄には、大切な意味がひとつひとつに込められているのです。お正月や初詣にピッタリの柄なので、これらの柄が描かれた着物を着ていきましょう。

初詣で活用できる小物紹介

次に、初詣に出かける際に持っておくと便利なアイテムをいくつかご紹介します。初詣の前後に起こるいろんなシーンに活用できるものばかりです。初詣に行くとなると、必ず食事に行きますよね。その時にあると便利なアイテムを最初に挙げていきます。

  • 草履:バッグや足袋のデザインと合わせて選べる
  • 替えの足袋:友人や知人のお宅にお邪魔するときに、サッと玄関先ではき替える
  • 大きいハンカチ:食事を食べる時膝下にかける
  • 袖留めタスキット:片付けの手伝いをする時に、袖をくくることができる

他にも、外出をするのであれば寒い日にピッタリのアイテムもそろえておくと便利です。長時間外にいますので、冷たい風にあたり続けていると手や足、首など露出している部分が冷えてしまいます。また、外と室内の温度差が激しい時期でもありますので、簡単に調整できる防寒グッズをいくつか持っていると安心ですよ。

  • 和装コート:寒い冬の時期は着物だけだとやっぱり寒いので、一枚持っておくと便利です。着物専用としてゆったりと作られていますので、着崩れをする心配はありません。また、コートなので、丈は長めのものがほとんどです。
  • 羽織:和装コートを羽織る必要のない室内やコートだけでは寒いときに持っておくと便利です。色のほとんどが無地なので、着物の柄・色・デザインに合わせて選ぶとおしゃれになります。丈が長いものと短いものがありますので、シーズンや好みに合わせて選ぶと良いでしょう。
  • ショール・ストール・マフラー:首元が冷えないようにするため防寒グッズ。着物だけではなく、普段着にも合わせられます。首周りにあるだけで暖かさがありますので、少し大きめのものを選ぶと良いでしょう。
  • 防寒下着・着物用のストッキング:肌着としても使用できますので、防寒対策として持っておくと便利です。長時間の外出時に、足元が冷えないように対策ができます。
  • 手袋:手が冷えないように対策する防寒グッズです。女性の場合、身体が冷えやすくなりますので、外出時にひとつは持っておくと良いでしょう。

以上が、持っておくと便利なアイテムになります。着物用のグッズやアウターは、種類が豊富なので、着物に合わせてアウターをチョイスすれば、個性がでますので素敵な着物姿に仕上がるので、いろいろ試してみましょう。

着物姿をより美しくするためのマナー

支度が整ったら「いざ外出!」と言いたいところですが、その前に確認しておきたいことがあります。

着物姿を美しく見せるための立ち振る舞いやマナーがあることをご存知ですか?

「もちろん知っている!」という方であれば大丈夫なのですが、まったく知らない場合、どんなに綺麗で素晴らしい着物姿だとしても、着物姿が美しくないと見栄えが悪くなってしまいます。とても残念です。では、どうしたら着物姿を美しく見せることができるのでしょうか。
ここでは、着物姿を美しく見せるために必要不可欠な和装時の立ち振る舞いやマナーをご紹介していきます。既にご存知の方でも、復習として一度確認をしておきましょう。

基本動作

まずは、和装時の基本的な動作から学んでいきましょう。

立ち姿

背筋を伸ばして、つま先が開かないように身体の中心に力を入れて、少し内股気味に立ちます。この時、片足を少し後ろに引くのがポイント。さらに、両手を前で重ねることで、より美しい立ち姿になります。

歩き方

背筋を伸ばした状態で、小股で足をまっすぐ運ぶように歩くと、着崩れしにくくなります。この時、履物を引きずるように歩いたり、バタバタと大きな音をたてて歩いたりすると、周囲に品がない印象を与えてしまいますので注意しましょう。

階段の上り下り

右手で着物のたてづま(ヒラヒラする部分)を軽く持ち上げて、着物の裾が階段や地面に触れて汚れないようにします。たてづまを持ち上げすぎると、足元がさらけ出してしまったり、着物が着崩れてしまったりするので注意しましょう。また、足元が動かしやすくなりますので、階段の上り下りもスムーズになるのです。

物を拾う

落としてしまった物を拾うときは、膝をつかずに左手で着物のたてづまを抑えて地面に付かないように抑えながらゆっくりしゃがみます。物を拾う手の袖を抑えながら拾うと綺麗です。このとき、右足を少し後ろに引いくとしゃがみやすくなります。

立ち振る舞いとマナー

次に、立ち振る舞いとマナーについて学んでいきましょう。

玄関先でのおじぎ

着物の上から羽織っているものがあれば、脱ぎます。玄関に入ったら、あがりかまちの端に荷物を置いて浅くならないようにお辞儀をして、丁寧に挨拶をしましょう。

履物の脱ぎ方

あらかじめ草履から足を抜いておき、両足をそろえて前向きに脱ぎます。上がったら、膝をついて草履のつま先を外向きに揃えましょう。このとき、中央を避けて端に寄せておくと好印象を与えます。

正座の仕方

右手で上前をなでおろしながら膝をつきます。膝の間を拳ひとつ分くらい開けて、背筋を伸ばし、身体の重心を前側にすると姿勢が良く見栄えも良いです。このとき、少し腰をそらして、足の親指同士を重ねて座りましょう。

食事をする時

ハンカチを膝にかけて着物が汚れるのを防ぎます。片方の袖口を抑えながらグラスをとると、腕がむき出しにならないので美しく見えるのです。また、食事が袖についてしまうのを防ぐことができます。

上記の立ち振る舞いやマナーをしっかり身に付けておけば、和装時でも品のある美しい姿を見せることができます。これらが自然にできるようになれば、大人の和装美人です。

バッチリ決めて初詣に行きましょう!

持ち物や和装時のマナーを抑えておけば、初詣を楽しむことができます。また、品良く振る舞えますので、周囲にも「和装姿でもしっかりしているし、綺麗だね!」と言われること間違いありません。
和装時の立ち振る舞いやマナーは、日頃の挨拶、会話、食事の仕方にも大きく関係してきますので、大人の女性として一歩進んだ和装美人を目指してください。

初詣に和装で出かけた方の口コミ

着物 女性イラスト普段から着物に興味があり、アンティークの着物屋さんなどをチェックしています。お正月には、無地の着物にストライプ柄の半襟や小花柄の羽織を合わせて大正ロマン風に。友達からも「かわいい!」と好評でした。

着物 女性イラスト正月には夫の両親や親戚へ新年のご挨拶に回るのが恒例。去年、紬を着て行ったら、茶道師範の姑にカジュアルだと言われたので、今年は付け下げでリベンジ!淡いピンクで新春らしい1枚を選び、若奥様風にコーディネートしました。

着物 女性イラスト子供の頃は、お正月に母からウールの着物を着せてもらっていました。最近は和装から離れていたのですが、正月ぐらいは着物で過ごしたいな、と小紋を着てみました。初詣に行くと、着物姿なのは私ぐらいでちょっと目立ちましたが、注目されるのが恥ずかしくもあり、嬉しくもあり。ちょっと気分よく1年を始められました。

タンスで眠っている着物をどんどん活用しませんか?
着物を着て、季節のイベントや「和」を楽しんでみませんか?
自分で着られるようになれば、楽しみも広がりますね。

良心的な費用で気軽に習える着付け教室を比較してみました>>

コンテンツ一覧
 
▲ ページの先頭へ
初心者でも安心の着付け教室ガイド