初心者でも安心の着付け教室ガイド

初心者でも安心の着付け教室ガイド

無理なく通える着付け教室の上手な選び方

外出授業があるのはココ 気軽に学べる教室ベスト3 授業が充実しているのはココ 費用が安い教室はココ 評判がいい教室ベスト3 総合ランキングを発表
HOME » きもの生活のススメ~着物でおでかけ・四季のイベント編~ » 【春】お花見・入学式

【春】お花見・入学式

あちこちで花が咲きだす春は、卒業や入学など大きなイベントの季節でもあります。温かな気候に誘われて、パステルカラーの装いで出かけたくなりますね。

そこで、入学式とお花見に和装で出かける際の、着物選びのポイントや注意点についてご紹介しましょう。

着物で出かけよう〜入学式〜

入学式 イメージ画像お子さんの卒業式や入学式に参列する親御さんの服装は、7割くらいがフォーマルスーツやパステルカラーのスーツ、セットアップなどの洋装だと言われています。確かに、ブラックフォーマルやセットアップは無難に着こなせますし、他の機会に着用することもできるので便利ですね。

しかし、入学式はお子さんの晴れ舞台であるとともに、成長を見守ってきたお母さんにとっても感慨深いもの。ここはぜひ、和の装いで華を添えてみてはいかがでしょう。

入学式に着用するものとしてふさわしいのは、訪問着や付け下げ、色無地などの略礼装です。一昔前までは、“色無地の上に黒の羽織”という組み合わせが一般的な入学式スタイルでしたが、現在は訪問着や付け下げを着る人がほとんど。

淡いピンクや水色、藤色などの春らしいカラーの付け下げなどを選ぶと華やかでいいですね。

しかし、入学式の主役は、あくまでも子供たち。訪問着を着る場合は柄が派手になりがちなので、ちょっと地味目のカラーを選んだり、シンプルな帯で引き締めると悪目立ちしません。

小紋は礼装としては格下ですが、柄が派手すぎないものなら、遠目で色無地に見えることもあり、卒業式や入学式でも着て行けます。

入学式にふさわしい装い

  • 訪問着(柄が派手すぎないもの)
  • 付け下げ(入学式に最適!)
  • 色無地(入学式に最適!紋付のものなら慶忌どちらでも使える)
  • 小紋(柄が小さく、落ち着いた色のものなら入学式も可)

入学式に和装で参列した方の口コミ

和装 女性イラスト子供の小学校の入学式に、母から譲られた薄紫色の付け下げを着て行きました。意外と着物のお母さんが多く、全体の2割くらい。クリーム色や淡いピンク、紫色などの付け下げ、訪問着の人がほとんどでした。

和装 女性イラスト息子の入学式には念願の着物姿で。若草色の色無地に、おばあちゃんからもらった羽織を着て行きましたが、羽織姿は私だけ。ちょっと目立ちましたが、記念になりました。

和装 女性イラスト朝から美容院で着付けしてもらったり、バタバタで何とか入学式に間に合いました。それしか持っていないので訪問着で行きましたが、ほかにも訪問着の方がたくさん。着物で行くのは何かと面倒かな…と思っていましたが、着て行ってよかったです。

着物で出かけよう〜お花見編〜

花見春のビッグイベントと言えばお花見。公園や庭園で花を愛でるとき、日本人であることを強く意識する人も多いことでしょう。そんなお花見こそ、着物で出かけるべき行事です。

カジュアルな小紋や紬などの装いがおすすめ。フォーマルな場ではなかなか冒険できない人も、お花見ならコーディネートを自由に楽しめます

帯や小物などを正反対のカラーで合わせたり、遊び感覚でコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょう。

夜はまだ肌寒い季節ですし、少々着崩れてもカバーできるよう、羽織を着てもいいですね。

お花見にふさわしい装い

  • 色無地(ちょっとフォーマルな雰囲気のお花見に)
  • 小紋(お友達同士のカジュアルなお花見に。華やかにコーディネートして)
  • 紬(着物通のお友達とのお花見に。渋めにコーディネートして)

お花見に和装で出かけた方の口コミ

和装 女性イラスト若い時に買ったちょっと派手な柄の小紋を、お花見の時に着て行きました。渋めな黒の帯を締めたら、今の年齢でもちょうど良く、花見の華やかな場にピッタリでした。

和装 女性イラストお花見では屋外を歩き回るので、寒くないよう羽織を着て行くことが多いです。ちょっと帯が崩れてしまった時でも、羽織ってしまえば見えないですし。とても便利ですよ。

和装 女性イラスト花見に出かけた時に友達が結城紬を着ていて、「いいな〜」と自分も真似して紬を購入しました。渋めの色の着物なので、花見の時は白い帯を締めたり、帯締めや帯揚げで色をプラスして楽しんでいます。

タンスで眠っている着物を活用しませんか?
着物を着て、卒業式や入学式、お花見に参加してみませんか?
自分で着られるようになれば、楽しみも広がります!

良心的な費用で気軽に習える着付け教室を比較してみました>>

コンテンツ一覧
 
▲ ページの先頭へ
初心者でも安心の着付け教室ガイド