初心者でも安心の着付け教室ガイド

初心者でも安心の着付け教室ガイド

無理なく通える着付け教室の上手な選び方

外出授業があるのはココ 気軽に学べる教室ベスト3 授業が充実しているのはココ 費用が安い教室はココ 評判がいい教室ベスト3 総合ランキングを発表
口コミで選ぶきもの着付け教室ランキング » 意外に知らない?きもののルールと着付けのコツ » おはしょりを真っすぐにするコツ

おはしょりを真っすぐにするコツ

お端折り(おはしょり)とは、帯の下で折り返す着物部分のこと。女性用着物に見られる部分です。上手く着付けできないと、おはしょりを美しく整えられません。そのため、着付け初心者にとっては最初の関門でもあります。ここでは、おはしょりを攻略するためのポイントをご紹介しましょう。

おはしょりは斜めになるのが当たりまえ?

「何度直しても斜めになる!」とお悩みの方も多いでしょう。実は、おはしょりは斜めになって当然なもの。なぜなら、着物というのは長方形の布でできており、衿を斜めにすれば他の部分も自然と斜めになってしまうからです。

とはいえ、おはしょりが斜めの状態だと見栄えが良くありません。真っすぐにする方法をご紹介しましょう。

おはしょりを真っすぐにする方法

大きく2つあります。それぞれ難易度が違うので、自分がやりやすい方を取り入れてみましょう。

腰紐を斜めにする

まず一つ目の方法は、腰紐を斜めにする方法です。

この方法はなるべく着付けの工程を減らし、着物や浴衣を手早く着たいという人におすすめです。

方法としては、着付けで腰紐を結ぶ際左側を高くし、右側が低くなるように斜めに結びます。もちろん、いつも通り真っすぐに結んでから斜めにずらしてもOKです。たったこれだけですが、おはしょりはちゃんと真っすぐになりますので、ぜひ一度試してみてください。

ちなみに、腰紐をきつく結びすぎると後々苦しくなってしまうので、人差し指の第一関節が引っかかるくらいを目安に結びましょう。

斜めに持ち上げて伊達締めで押さえる

もう一つの方法は、おはしょりを斜めに持ち上げ、伊達締めで押さえるという方法です。

この方法は着崩れしにくく、見栄えも良くなるので、写真を撮るときやカッチリ着たい場合におすすめです。

  1. 着付けの際、腰紐を結んだ後に右手をおはしょりの中に入れます。
  2. おはしょりの内側から左部分だけを上に引っ張るような感覚で、下線を真っすぐに整えます。
  3. おはしょりから右手を出し、左側の上に持ち上げた部分を押さえます。
  4. その状態を伊達締めで固定し、最後に伊達締めを結べば完成です。

シワになったおはしょりをきれいにする方法

おはしょりは着付けのときだけではなく、「気が付いたらおはしょりがシワになってた!」なんてことも良くありますので、途中でシワになったおはしょりをきれいに直す方法も紹介します。この方法も簡単なので、ぜひ覚えておきましょう。

  1. 帯の左下に、親指以外の4本の指をひっかける(両手)
  2. 左手はそのままにし、右手だけ右側へスライドさせて完了です。
コンテンツ一覧
 
▲ ページの先頭へ
初心者でも安心の着付け教室ガイド