初心者でも安心の着付け教室ガイド

初心者でも安心の着付け教室ガイド

無理なく通える着付け教室の上手な選び方

外出授業があるのはココ 気軽に学べる教室ベスト3 授業が充実しているのはココ 費用が安い教室はココ 評判がいい教室ベスト3 総合ランキングを発表
HOME » 意外に知らない?きもののルールと着付けのコツ » 小紋・付け下げなどの街着

小紋・付け下げなどの街着

着物を普段の生活にも取り入れたい、と考えている方にとって、小紋や付け下げは使い勝手のいい、最良の友となってくれます。小紋や付け下げの特徴、上手に着こなすコツなどを紹介していきます。

小紋・付け下げの特徴

街着の女性全体に同じ模様が描かれている着物を、小紋と言います。

小紋には様々なタイプがあり、無地の部分が多く、隙間を開けて飛び飛びで柄が描かれているシンプルなもの、全体に隙間なく細かな柄が描かれている豪華なものなど、印象がかなり異なってきます。

代表的なものとしては、縞模様や格子模様、絞りやエキゾチックな更紗、沖縄伝統の紅型染めなど。柄が繊細でさりげなく、無地に近い感覚で着られる江戸小紋もありますね。

一方、付け下げは訪問着とほぼ同格で、略礼装に近い着物。肩や袖にも柄が入っていて、見た目は訪問着にとてもよく似ています。

しかし、訪問着のように上前から下前まで柄がつながっているものは少ないので、付け下げの方が少々格下と考えられていました。現在では、両者の違いはほとんどなく、おくみで柄がつながった付け下げ訪問着というものもあります。

小紋・付け下げがふさわしいシチュエーション

小紋は、柄によって印象が異なります。カジュアルに着られるものや、少しフォーマルにも着て行けるものなど、使い方も様々です。多くは、普段着や街着として、ちょっとしたお出かけや観劇、食事会、お稽古事などに活躍します。

付け下げの用途として最も多いのは、パーティやクラス会、お茶会、観劇、入学式、卒業式など。付け下げは、略礼装の場に着てちょうどいい、格と華やかさを持っています。紋が入っているものは、さらに格が上がってフォーマルな場にも着て行けますが、シチュエーションが限られてしまいます。

最近は付け下げや訪問着には、紋を入れないのが主流ですね。

小紋や付け下げを美しく着るコツとは…変わり帯結びにチャレンジ!

付け下げは、ほぼ訪問着と同格でフォーマルに近い装いになりますので、袋帯を二重太鼓などで締めるのが普通。

しかし、小紋の場合はカジュアルにも着られますから、半幅帯や名古屋帯、モダンな袋帯などを合わせることもでき、コーディネートが広がります。

帯の種類をたくさん合わせられるということは、帯の結び方でも楽しめる、ということ。半幅帯や名古屋帯を使うと、お太鼓結び以外にちょっと複雑な結び方にも割と簡単に挑戦できます。

例えば、小粋な雰囲気の「角だし」、お茶会にも最適な「利休」など、手軽にできてオシャレに見える帯結びがたくさんありますから、挑戦してみてください。

小紋・付け下げの着付けに必要な準備

着物など ・小紋
・付け下げ
・帯
・帯揚げ
・帯締め
下着類 ・肌襦袢
・裾避け
・足袋
・補正用タオル
着物の下に着るもの ・長襦袢
・半衿
・衿芯
小物類 ・伊達締め2本
・帯枕1つ
・前板1枚
・腰ひも4〜6本
その他小物 ・草履
・バッグ
あったら便利な小物 ・コーリンベルト
・ウエストベルトなど

簡単なコツさえつかめれば、自分でキレイに着られるようになります!
街着でちょっとお出かけしてみませんか?

料金も手ごろな人気の着付け教室BEST5をチェック>>

コンテンツ一覧
 
▲ ページの先頭へ
初心者でも安心の着付け教室ガイド