初心者でも安心の着付け教室ガイド

初心者でも安心の着付け教室ガイド

無理なく通える着付け教室の上手な選び方

外出授業があるのはココ 気軽に学べる教室ベスト3 授業が充実しているのはココ 費用が安い教室はココ 評判がいい教室ベスト3 総合ランキングを発表
口コミで選ぶきもの着付け教室ランキング » 意外に知らない?きもののルールと着付けのコツ » 襦袢の着付けのコツ

襦袢の着付けのコツ

和服の下着として着用する襦袢。下着とは言え、襦袢にも正しい着付けがあるのです。ここでは襦袢の着付けに必要なものや着付けのコツなどを紹介します。

襦袢の着付けに必要なもの

襦袢を着る際、まずは以下のものを準備しておきましょう。

  • 襦袢(半衿をつけたもの)
  • 衿芯(しっかり着たい場合は固め、自然に着る場合は柔らかめ)
  • 伊達締め
  • 腰紐

襦袢の着付けをする前にやっておくべきこと

襦袢に袖を通す前に、次の準備をしておくと着付けがスムーズに行えます。

伊達締め・腰紐をつかみやすい状態にする

伊達締めと腰紐は半分に折り、真ん中がつかめるようにしておく

衿芯の向きを合わせる

衿芯は半衿の内側に入れ、首から肩にかけてのラインに沿うよう向きを合わせておく

肌着の衿を抜く

襦袢の下にさらに肌着を着用する場合は、襦袢の衿から見えない程度に、肌着の衿を抜いておく

襦袢の着付け手順

1.襦袢に袖を通す

襦袢を後ろから両肩にかけ、両方の袖を通します。

2.襦袢の衿先と背中心を確認

衿先を揃えたら片手で持ちます。反対の手も後ろに回し、背中心(背中の真ん中あたりを通る縫い目のこと)をつかんでおきましょう。

3.襦袢の衣紋を抜く

そのままゆっくりと背中心を引き、握りこぶし1つ分くらい衣紋を抜きます。この時、肌着が見えていないか確認しましょう。

4.衣紋がつまらないように前を開く

抜いた衣紋が戻らないよう、気を付けながら前の半衿の端を持ち、かるく前を開きます。

5.胸を包むようにあわせる

右手側(下前)を、左バストを包むようなイメージであわせたら、そのまま左手側(上前)も右バストを包むようにあわせ、右手を抜きます。

この時、バストのトップよりも下であわせてしまうと着崩れしやすくなるため、必ずバストのトップよりも上であわせるようにしましょう。

6.左右の鎖骨の間で衿を交差させる

首の付け根、二つの鎖骨の間あたりを目安にして衿を交差させます。

7.腰紐を衣紋抜きに通す

左手で衿をおさえたまま右手で腰紐を取り、左手のすぐそばにあてて両手で腰紐を広げます。腰紐を上から滑らせるようにしながら胸下に通し、両手を後ろにまわしましょう。もし衣紋抜きに通したい場合は、このタイミングで通します。

8.腰紐を結ぶ

腰紐を後ろで一度交差し、前にからげたら苦しくない程度に結びましょう。

9.襦袢のシワを伸ばし、伊達締めを結ぶ

背中のシワを左右に寄せながら襦袢のシワを伸ばします。この時、しっかりとシワを伸ばさないと着物にひびいてしまうので気を付けましょう。

10.伊達締めを結ぶ

伊達締めも腰紐の上から滑らせるようにして胸下へ通し、後ろにまわして交差させます。後ろで左右に引き少し締めたら、下になる方を斜めに折りあげて前に戻しましょう。こうすることで、背中側を平らにすることができます。

あとは、伊達締めを前で軽くからげて端をしまえば完成です。その際も、きつく結んでしまうと苦しくなります。苦しさを感じない程度で問題ありません。

腰紐を使うのがおすすめ

着物を着慣れている人の場合、腰紐を使わず、そのまま伊達締めを締めることもあります。

しかし、腰紐には「衣紋抜きに通しやすい」「背中のシワを伸ばしやすい」といったメリットがあるので、襦袢をきれいに着られるようになるまでは腰紐の使うのがおすすめです。

コンテンツ一覧
 
▲ ページの先頭へ
初心者でも安心の着付け教室ガイド