初心者でも安心の着付け教室ガイド

初心者でも安心の着付け教室ガイド

無理なく通える着付け教室の上手な選び方

外出授業があるのはココ 気軽に学べる教室ベスト3 授業が充実しているのはココ 費用が安い教室はココ 評判がいい教室ベスト3 総合ランキングを発表
HOME » 意外に知らない?きもののルールと着付けのコツ » 以外に簡単!男性の着物の着付け方

以外に簡単!男性の着物の着付け方

おはしょりの必要がない男性の着物は、女性の着物に比べると、そろえる小物が少なく着付けも着付け教室などで学ぶか、くわしい人から教えてもらいながら数回の練習を重ねれば一人でできるようになるほどに簡単なのが特徴です。

初めて男性の着物を着用する際に必要な小物と、気崩れずにかっこよく着こなすための気付けのポイントと手順などをご紹介します。

男性の着物に必要な小物

・肌襦袢:洋服でいうと肌着の役目をする肌襦袢。素肌の上に直接着るものなので、着心地が大切です。襟元から見えないVネックのTシャツなどでも代用可能ですが、よりカッコよく着こなしたい場合は、専用の肌襦袢をそろえてもいいですね。

・ステテコ・裾よけ:春~夏は、薄手のステテコや裾よけを着用、またはトランクスなどの下着のみでも可。寒い時期は、タイツなどの利用も可能です。

・長襦袢(半襦袢):着物が汗などで汚れないように着用します。腰下まであるタイプの半襦袢と、着物同様に足首までの長さがある長襦袢があります。長襦袢(半襦袢)の半衿を見せることで、着こなしをよりおしゃれに見せるポイントになる部分です。

・腰紐:着崩れを防ぐために、長襦袢の上に締めます。素材は、モスリンやウールなどがあります。カチッと留めるだけで着けられるゴムベルトタイプで、身体の動きに合わせて伸縮する腰紐もあるので、長時間着物を着用する日などに利用してみてもいいですね。

・着物:カジュアルからフォーマルまで、季節に合わせた生地の厚さや、絹・木綿・ウール・デニムなど、さまざまな素材や色柄があるので、場面や好みに合わせて選びましょう。

・男締め:着崩れを防ぐために着物の上に締めます。慣れると男締めをせず角帯一本でも着物を着こなすことはできますが、慣れない間は着崩れをふせぐ意味でも使用するのがおすすめです。男締は腰紐でも代用可能で、身体の動きに合わせて伸縮可能なゴム製のタイプを利用してもいいですね。

・帯:男締めの上に角帯を締めるのが一般的。絹やポリエステル、麻・木綿など、さまざまな素材・色柄のものがあるので、場面に合わせて選びましょう。普段着としてラに着こなしたい場合は兵児帯の利用も可能です。

・羽織:洋服でいうジャケットのようなもの。普段着として着流しで着物を着用する際はなくても大丈夫ですが、フォーマルな場面では必須となります。季節に合わせた生地の厚さや薄さ、素材などが多彩にそろっています。

・羽織紐:紐が丸く編んだ「丸組み」と、平たく編んだ「平打ち」の2種類があります。羽織を着用した際に目立つ着こなしのポイントになる部分なので、羽織や着物、帯などと色合わせを考慮して選びましょう。

・足袋:着流しの場合は素足でも大丈夫ですが、夏以外の季節には、履物から露出する部分なので、足袋を履くのが基本となります。フォーマルには白足袋が必須ですが、場面によっては、ストレッチ足袋や足袋ソックス など個性的な色柄のものを使い分けて、おしゃれを楽しんでもいいですね。

・履物:下駄・雪駄・草履の3種類があります。浴衣の着用には下駄・雪駄・草履は普段着や少しフォーマルな場面での利用におすすめです。正式なフォーマルの場面では、畳地に白鼻緒の雪駄が必須となります。個性的な着こなしを楽しむ方の中には、ブーツや靴などをアレンジして着こなす方もいます。

着付けのポイントをおさえてカッコよく着こなそう

ポイント1:肌襦袢た肌着替わりのTシャツ、ステテコを身につける際には、足袋も一緒に履いておくのがポイントです。着付けの最後に足袋を履くのは、着崩れの原因となるからです。

ポイント2:肌襦袢を着るときは、衿のうしろ部分を首筋にきちっとつけるようにすると、あとの着崩れを防ぎやすくなります。

ポイント3:着物を肌襦袢の上に着るときは、着物の袖の中に肌襦袢の袖を入れておくことが大事です。また、衿は、着付けのときは半衿を少し覗かせる程度にきつめにし、あとで好みに合わせてゆるめるのがおすすめです。女性の着物とは違い補正などをする必要がないので簡単です。

ポイント4:腰紐は、お腹のへその下部分にあてるように結びます。この腰紐の位置が帯の位置になるので、へその下側のお腹の部分をくるむようにして結ぶのがポイントです。また、結び目がへその下部分にくるようにすると落ち着いた印象になります。帯は、腰紐の上に締めますが、お腹側にくる部分をやや下げ気味にして、お腹をささえるようにすると落ち着いた印象になります。

男性の着物に必要な小物や着付けのポイントをご紹介しました。最近は、伝統的な着こなしを基本としながらも、より柔軟でおしゃれな着こなしが可能になってきています。

男性の着物は、女性の着物に比較すると着付けや着こなしが簡単なのがポイントですが、着崩れないようにカッコよく着こなすためには、小物選びや着付けの際のちょっとしたコツが大切です。

コンテンツ一覧
 
▲ ページの先頭へ
初心者でも安心の着付け教室ガイド