初心者でも安心の着付け教室ガイド

初心者でも安心の着付け教室ガイド

無理なく通える着付け教室の上手な選び方

外出授業があるのはココ 気軽に学べる教室ベスト3 授業が充実しているのはココ 費用が安い教室はココ 評判がいい教室ベスト3 総合ランキングを発表
口コミで選ぶきもの着付け教室ランキング » 意外に知らない?きもののルールと着付けのコツ » 着物の防寒対策

着物の防寒対策

冬場に着物を着るときは防寒対策が必要ですが、これは一筋縄ではいかない問題です。

なぜなら、文字通り防寒対策が必要になるだけでなく、美しい着物姿もキープしなければならないからです。

十分な保温性を保ちつつ、なおかつ見栄えを維持するためにはどのような防寒対策をしたらいいのか、この記事ではそのアドバイスとなる情報を提供しています。

アウター(羽織りもの)による防寒対策

着物のアウター(羽織りもの)による防寒対策としては、大きく分けてコートと羽織、二つの選択肢があります。

コートはファッション性に富むと同時にバリエーションも豊富、防寒性が高く街歩きにも適しているなど、防寒性以外の副次的なメリットがあります。

一方の羽織は、着物に準じた色柄であるため、フィットしやすくて違和感もなく、屋外だけでなく室内でもそのまま着られるというメリットがあります。

またコートと羽織の境目がなボーダーレスなアイテムもあり、和装コートや道行コート、道中着などはその代表格といっていいでしょう。

こうした商品は色やデザインなど種類も豊富で、機能性も多種多様、好みに合わせて様々なタイプの中から自分に合ったものを選べるのが利点です。

といった具合に、着物用のアウターは選択肢に事欠くことがないので、防寒対策はとてもしやすいといえるでしょう。

注意点としては、袖を通さないショール・ストールは防寒性で他のコートに劣ること、そして室内でもアウターを着ることを想定する場合は、コートではなく羽織を選んだほうがいいということです。

インナーによる防寒対策

着物の外側から防寒対策するのも有効ですが、それに合わせて着物の内側から、つまりインナーによる防寒対策が充実していればなお最強です。

インナーによる防寒対策の方法としては、上半身はVネックカットのヒートテック、下半身は、防寒機能を持つレギンスやスパッツ、及びヒートテックウエストウォームレギンスなどがおすすめのアイテムになります。

インナーで防寒対策するときは、素材が薄手で動きやすく、着膨れ防止の効果があり、なおかつ風を通さない機能性と保温性を持っていることが条件になりますが、前述のVネックカットのヒートテックと、ヒートテックウエストウォームレギンスは、まさにそれに該当する優れ物のアイテムです。

ヒートテックはユニクロと東レが共同で開発した防寒用の下着ですが、軽量な素材でありつつ保温性が抜群に高く、肌ざわりもいいという良いこと尽くめのアイテムであり、着物におけるインナーによる防寒対策としてぜひ重宝したいところです。

足元の冷え対策

足元の冷え対策として有効なアイテムには、着物用の和装ストッキングや足袋ストッキング、インナー足袋などがあります。

いずれも着物における足元の防寒対策としては定番ですが、アイテムを選ぶ際のポイントや使用法でコツや注意点があります。

 

まずアイテムの選び方では、フリース素材やネル生地のような防寒性の高い素材で作られた物を選ぶこと。そして足袋ストッキングとインナー足袋を併用する場合は、足袋を買うとき、1サイズ大きめを選ぶことがポイントです。

その理由は、サイズがギリギリだと重ね着特有のモコモコが発生してしまい、見た目が悪くなるからです。

各防寒アイテムの使い方はスタイルや好みに合わせて様々ですが、足袋を2枚重ね、あるいは3枚重ねで使用する方法があることを知っておくといいでしょう。

重ね履きは見た目を損なう恐れはありますが、薄手の生地を選ぶなどの方法でその問題をクリアできれば、逆に防寒性が高まります。

なお、足袋とレギンスの間は防寒対策が手薄になりますが、ここは前出の裾除けや長襦袢、着物でカバーすることになります。

着物で防寒対策するときのマナーや注意点

着物の防寒対策では、各アイテムの防寒性や着こなし、選び方に目が行きがちですが、アイテムを使って防寒対策するときのマナーや注意点も知っておく必要があります。

例えば、アウターは基本的に外出着であり、室内に入ったときはコートなどは脱ぐようにしましょう。

羽織は室内でも着たままで大丈夫ですが、着物用コート、和装コート、ポンチョ、ショール、道中着などは外出着としてのアウターと見做されていますので、室内では脱ぐことはもちろん、丁寧にたたんで手に持つのがマナーとされます。

また羽織は室内で着用OKですが、着物の格に合わないデザインや、時と場面にそぐわない色柄のものは避けた方がいいでしょう。

さらに、座敷において羽織を着て正座するとき、羽織の裾を踏んだまま座るのはNGです。

この場合、裾は後ろに出して座るのがマナーとされますので、覚えておきましょう。

コンテンツ一覧
 
▲ ページの先頭へ
初心者でも安心の着付け教室ガイド