初心者でも安心の着付け教室ガイド

初心者でも安心の着付け教室ガイド

無理なく通える着付け教室の上手な選び方

外出授業があるのはココ 気軽に学べる教室ベスト3 授業が充実しているのはココ 費用が安い教室はココ 評判がいい教室ベスト3 総合ランキングを発表
HOME » 意外に知らない?きもののルールと着付けのコツ

意外に知らない?きもののルールと着付けのコツ

基本的な着物の着方

ここでは、着物の一般的な着方を説明していきます。

①着物用の下着を着る

一般的な下着ではなく、和装専用のブラジャーやスリップに着替えます。また、衿足から下着が見えないように、衿ぐりが深いものをつけましょう。

②補正をする

美しい着物姿を作るためには、体型に合わせて補正をする必要があります。補正をすることで、長時間着物を着ていても着崩れしにくくなるのです。

③長襦袢を着る

和装では、長襦袢は下着として扱われますので必ず着用します。そのままだと衿が立たないので、衿心を入れておきましょう。

④着物をつける

着物を付けていきながら、衿合わせやえもん(衿抜き)を行います。着つける際、背中心がちょうど背骨あたりに来るように合わせて、おはしょりと上前のおくみ線がまっすぐになるように調整しましょう。

⑤帯を結ぶ

着物に合った帯結びをします。結び方には種類がありますので、特別な道具を使って結ぶこともあります。

⑥帯揚げ、帯締め、小物などで飾る

着物のバランスが整うように、帯揚げや帯締め、小物をつけて華やかにします。

この順番で上手く仕立てられるようになれば、他の着方にもチャレンジして、どんどん着付けをマスターしていきましょう。

着物を綺麗に着こなすコツ

綺麗に着物を着こなしている人は、小物の選び方が上手なだけではなく、自分自信を良く理解しているからなのです。自分と上手に向き合えれば、着物を上手に着こなせるようになり、今よりももっと着物が好きになっていくことでしょう。

着物をより美しく見せるようにするには、まず自分に似合う色の着物を選ぶことです。そのためにも自分のパーソナルカラーを知っておくと、着物が選びやすくなります。パーソナルカラーはひとりひとり違うので、自分に合う色を見つけてみましょう。
ほとんどの人は、自分が好きな色をついつい選んでしまいがち。自分に合わない色を身につけると、何だか老けて見えてしまう場合もあるのです。着物は全体的に面積が大きく平面的なので、着物の色が着こなしそのものの印象を大きく変えてしまうといっても良いでしょう。

パーソナルカラーの次は、上手に補正をすることです。着物が自分の身体にフィットするようにほんの少しだけ補正すれば、見違えるほど綺麗に着こなせるようになります。また、着崩れしにくくなりますので、着物が安定するようになるのです。

補正する部分は、主に肩・胸・腰の3つになります。着物をつけるのであれば、なで肩・段差のない胸・くびれない腰が必要不可欠であり、この3つが揃っていることで着物姿が美しくなるのです。しかし、現代の日本人のほとんどが欧米化の影響でメリハリのある体つきをしているといわれています。よって、着物をつける際は、肩・胸・腰の3つを補正してから着つけるようにしましょう。

着物の女性日常生活に和の装いを取り入れて、さりげなく和服美人を目指したいあなた。

きもの美人へ近づくためには、着付けの技術を身に付けるだけではなく、着物に関する知識も身に付ける必要がありますね。

最近は、形式を気にせず和洋折衷で着物を楽しむ若い方も増えています。しかし、形式を崩す前に、基本をしっかり覚えておくことも大切ではないでしょうか。古来からの着物の形式をしっかり抑えたうえで、自分なりのアレンジを加えることこそ“粋”と言えますね。

着物は、洋服よりもさらに厳密にTPOを考えなければなりません

どんな場に着て行くのかを考えて、フォーマルからカジュアルまで、その場に合った装いであることが最も重要。例えば、結婚式で親族が着る黒留袖は、観劇や気軽な外出に着て行って良いものではないのです。

そこで、振袖や留袖、訪問着や付け下げなどの、着用のルールやふさわしいシチュエーションなどを解説。お出かけ先で恥ずかしい思いをしないよう、着こなしのコツや着付けのポイントなども紹介します。装いのルールを守って、着物生活をエンジョイしましょう。

コンテンツ一覧
 
▲ ページの先頭へ
初心者でも安心の着付け教室ガイド