初心者でも安心の着付け教室ガイド

初心者でも安心の着付け教室ガイド

無理なく通える着付け教室の上手な選び方

外出授業があるのはココ 気軽に学べる教室ベスト3 授業が充実しているのはココ 費用が安い教室はココ 評判がいい教室ベスト3 総合ランキングを発表
口コミで選ぶきもの着付け教室ランキング » 厳選!エリア別着物スクールなび » 長崎

長崎

このページでは、長崎県にある着付け教室を紹介しています。各教室の特徴や雰囲気、コース、カリキュラム、さらには無料オプションのことや口コミまで掲載していますので、長崎で着付け教室をお探しの方は、チェックしてみてください。

長崎県にある着付け教室簡単早見表

楽しく学んで
資格も取得できる
~佐和きもの着付教室~

佐和きもの着付教室公式HP
1回の料金 料金は月謝制
無料オプション 着物・帯その他小物

佐和きもの着付教室の
公式HPで
無料体験について確認

通いやすい・楽しみやすい
週に一度のレッスン
~わらく~

わらく公式HP
1回の料金 料金は月謝
無料オプション なし

わらくの
公式HPで
無料体験について確認

安心して学べるシステム
短期間で着られるようになる
~きものカルチャー研究所~

きものカルチャー研究所(みじょか着付け教室)公式HP
1回の料金 料金は月謝制
無料オプション 無料見学、着物・帯の無料貸出し

きものカルチャーの
公式HPで
無料体験について確認

佐和きもの着付教室

佐和きもの着付教室公式HP

引用元:佐和きもの着付教室公式ホームページ(http://www.sawakimonokitsuke.com/)

厚生労働省認定資格などの受験も可能
佐和きもの着付教室の公式HPで確認 無料体験について確認してみる

佐和きもの着付教室の
特徴

長崎市で着付け教室を開講している「佐和きもの着付教室」は、厚生労働省認定の信頼性ある着付け・作法教室です。着物の基本的な知識や技術を学べるほか、着る楽しみや着せる喜びを体験することができます。

コースは「実用コース」と「資格コース」があり、前者では浴衣や普段着の着付けから、礼装着付けまでを習得し、後者は専門的な知識・教養・技術を学び、資格取得を前提としたカリキュラムを履修することになります。科目は普通科、研究科、師範科、特別専科、花嫁専科、現代作法本科とあり、さらには美容師さん向けのコースまで用意されています。

取得できる資格は、厚生労働省認定 全日本コンサルト協会社内検定「着物着付技能士試験」、国家検定「着付け職種技能検定試験」。従って、「佐和きもの着付教室」本格的な着付けを覚えたい方、プロフェッショナルになりたい方におすすめの着付け教室になります。

佐和きもの着付教室の
無料オプション

着付けを習いたくても道具がないという方も少なくないでしょう。そういう方々でも「佐和きもの着付教室」なら安心です。なぜなら、着物・帯・その他小物を用意しており、受講生なら道具を無料で使用できるからです。足袋や襦袢は自分のサイズに合ったものを準備する必要がありますが、着物・帯・小物に関しては心配無用です。

佐和きもの着付教室に通う生徒さんの口コミ

スロースターターな自分ですが、先生が分かりやすく教えて下さったおかげで、自分で着れるようになりました。あと、着付けだけでなく所作も覚えられたことが嬉しいです。開始前は不安に包まれていましたが、今は教室に通うのが楽しみで仕方ありません。

程よい緊張感を漂わせつつ、一方で親しみやすく入りやすい雰囲気の教室が好きです。緊張と緩和のメリハリが効いていてバランスが良く、真剣に学びながらも疲れることがありません。先生のポイントを押さえた分かりやすい説明も見事ですし、本当に充実した時間を過ごすことができます。

佐和きもの着付教室の概要

コース 普通科・研究科・師範科・特別専科・花嫁専科など
費用 普通科の場合 5,000円/月謝
無料体験の有無 なし
住所 長崎県長崎市浜町2-7-7-A 西浜町第二ビル7階
最寄駅 JR「長崎駅」より徒歩約17分
開講時間 11:00〜20:30

佐和きもの着付教室の公式HPで確認 無料体験について確認してみる

わらく

わらく公式HP

引用元:わらく公式ホームページ(https://waraku-kimono.com/)

着付けの経験がなくても着られるまで
しっかりサポート!
わらくの公式HPで確認 無料体験について確認してみる

わらくの特徴

長崎で振袖や浴衣、和小物を取り扱う着物屋「わらく」。週に一度のレッスンでOKな通いやすい着付け教室を開講し、楽しんで着物を着られる方法を指導しています。

着付け教室としての「わらく」の特徴は、とにかく受講生に着物の楽しさを伝えるための工夫をしていることです。講師が熱情を持って指導することはもちろんのこと、一教室最大5名の少人数制や、一人一人のニーズに合わせたレッスン、個別の要望に応えることなど、受講生が集中しやすい環境や体制を整えています。

とりあえず初歩だけでもマスターしたい、帯結びだけでも極めたい、など受講生のニーズは千差万別ですが、あらゆる要望に対応できるのが「わらく」の強みです。

わらくの無料オプション

「わらく」の無料オプションは見つかりませんでした。

わらくに通う生徒さんの口コミ

口コミはみつかりませんでした。

わらくの概要

コース 記載なし
費用 2,000円(月謝/三ヵ月・全12回)
無料体験の有無 なし
住所 長崎県長崎市浜町2-17
最寄駅 JR「長崎駅」より徒歩約17分
開講時間 月曜・火曜・日曜:11:00~12:30
金曜:12:00~13:30/18:00~19:30
土曜:12:00~13:30/16:00~17:30/18:00~19:30

わらくの公式HPで確認 無料体験について確認してみる

きものカルチャー研究所

きものカルチャー研究所(みじょか着付け教室)公式HP

引用元:きものカルチャー研究所(みじょか着付け教室)公式ホームページ(https://www.kimonoculture.com/)

少人数の個別指導、出張レッスンもある
きものカルチャー研究所の公式HPで確認 無料体験について確認してみる

きものカルチャー研究所
(みじょか着付け教室)の
特徴

きものカルチャー研究所(みじょか着付け教室)は、きものカルチャー研究所が展開しているマンツーマン&少人数制の着付け教室です。長崎では「みじょか着付け教室」が長崎住吉教室として認定されており、ハイレベルなレッスンを受講できます。

コースは入門編の「初等科」と他装のスキルを学ぶ「中等科」がありますが、みじょか着付け教室では「~みじょか~コース」もあり、こちらは通常レッスンに加えて出張レッスンも行っているのが特徴です。長崎市内はもちろん、時津、長与、諫早、大村など近隣地域に対応しています。着付けを習ってみたいけど教室へ行く勇気はない‥そういう方にぴったりなのが「~みじょか~コース」です。

きものカルチャー研究所
(みじょか着付け教室)の
無料オプション

「着付けを習いたいのに、着物も帯も用意できない」という方もおられるはずですが、ご安心ください。みじょか着付け教室では「〜みじょか〜コース」において、着物・帯の無料貸出しを行っています。肌着・足袋は持参が必要がですが、着物と帯は用意する必要がなく、手ぶらで授業が受けられます。これなら着物や帯がないからと、しょげ返ることもないでしょう。

みじょか着付け教室では入会金も0円となっており、経済面でも始めやすい、通いやすい環境が整っています。

レッスン以外に月に1回程度のイベントも企画するなどエンタメの要素も導入、押し売りや強制販売なども一切ないので、マイペースに着付けを学びたい方に「みじょか着付け教室」はおすすめできます。

きものカルチャー研究所に通う生徒さんの口コミ

アットホームな雰囲気で安心できるのに、カリキュラムや教え方はしっかりとしていて、とても充実していました。先生も近づきやすい人柄で、説明も丁寧で分かりやすく、色々相談できるのも心強かったです。最初は不安だったのに、気が付いたらお稽古が楽しみになっていました。

一方的なレッスンではなく、こちらのペースに合わせてくれるところが良かったです。着物や小物を押し売りされることもなかったですし、不安な要素は一つもありませんでした。安心できる環境で集中して着付けを覚えることができ、大変満足しています。

きものカルチャー研究所(みじょか着付け教室)の概要

コース 初等科・中等科・高等科・着こなし入門講座など
費用 初等科の場合 全国版/7,00円(税込) 都市部/8,800円(税込)
無料体験の有無 あり
住所 長崎県長崎市泉3丁目
最寄駅 JR「西浦上駅」より徒歩約30分
開講時間 記載なし

きものカルチャー研究所(みじょか着付け教室)の公式HPで確認 無料体験について確認してみる

長崎県で着物を着て楽しめるスポットは?

全国屈指の観光地として知られる長崎県。長崎市や佐世保市を中心に異国情緒たっぷりな街並みが見られる一方、着物映えするロケーションやシチュエーションも満載。というわけで今回は、長崎で着物を着て楽しめるスポットをご紹介します。

長崎県で着物が楽しめるおすすめスポットは、次の5ヵ所です。

  • グラバー園
  • 出島
  • 島原城
  • 眼鏡橋
  • 諏訪神社

「グラバー園」

長崎市南山手町の丘に位置する「グラバー園」。こちらは、幕末から明治期にかけて日本を訪れた貿易商たちの居留地として建築された9棟の西洋式住宅で構成される、長崎定番の歴史観光スポットです。

「旧グラバー住宅」を中心に、1万坪を超える敷地内には世界遺産・国指定重要文化財の建築物とフォトジェニックな園庭が広がり、長崎市街を望める絶景スポットと合わせて、至るところにロマンチックなシチュエーションが満ち溢れています。

時代の端境期に活躍した貴重な建築遺産を見学しながら散策すれば、歴史の勉強ができると同時に、幕末気分が味わえるに違いありません。

丘の上にあり、歩いて行くのは大変ですが、その分、得られるものも多いので、ぜひ着物を着て歩いてみましょう。

「出島」

着物が映える長崎のスポットなら、長崎市出島町にある「出島」もおすすめです。ご存じの通り、江戸時代の日本は鎖国政策をとっていましたが、その鎖国の唯一の例外とされたのが長崎の人工島「出島」であり、西欧諸国との貿易や交流は全てこの場所で行われました。

そんな「出島」の見どころはなんといっても、当時の様子を今日に伝える数々の歴史的建築物や展示品です。西洋からの貿易品が最初に通過した「水門」をはじめ、オランダ商館員の居宅跡、砂糖など貿易品を保管した蔵、日本人役人の詰所、貿易館、蘭学館、料理部屋など、15,000平方メートルの小さな島の中に広がる風景は、どこも懐かしい異国情緒に溢れています。

随所に和洋折衷なテイストも散見され、和服がマッチするロケーションも多いので、ここもぜひ着物姿で訪れてみてください。

「島原城」

雲仙普賢岳、島原の乱、高校サッカーの名門・国見高校でお馴染みの島原半島には、長崎県指定史跡に指定されている「島原城」があります。1618年(元和4年)に築城されて以来、江戸時代全期にわたって島原藩の居城として存在感を発揮し続け、明治維新で廃城になりましたが、1964年(昭和39年)に再び天守閣が復元され、今日に至っている名城です。

みどころは、島原城の壮麗な外観と充実した内部の史料集。島原といえばキリシタンと浅からぬ縁を持ちますが、そのキリシタン関連の史料や遺品が展示されているほか、島原の乱に関する史料、マリア観音像、武具や刀剣なども保存されています。そして最上階の展望所からは360度ビューで島原の街並みを一望することができ、それはそれは見事な風景を満喫することができます。

城内はもちろんですが、島原城を一周するお堀の通りを彩る桜並木も美しいので、桜の見頃に訪れれば、着物姿がより一層映えること請け合いです。

「眼鏡橋」

恋の予感を抱きつつ、着物姿で素敵な観光名所を散策してみたい‥そういう方には、長崎市の中島川に架かる「眼鏡橋」をおすすめしないわけにはいきません。こちらは、1960年(昭和35年)に重要文化財に指定された石造りアーチ式の橋ですが、眼鏡の形をしたシルエットと風情ある石垣が味わい深く、着物姿にも心地よくフィットします。

特におすすめは、橋の両袂の石垣の中に20個程度はめ込まれているという、ハートの形をした「ハートストーン」。運よく発見できれば恋の願いが叶うと評判になり、今では定番のパワースポットとして知られるようになりました。

着物散策を楽しみながら、同時に恋の憧れも成就させるべく、さあ、長崎市中島川の「眼鏡橋」へ出かけましょう。

「諏訪神社」

長崎といえば「長崎くんち」がよく知られていますが、この日本三大祭に数えられる有名な祭りが実施されている場所こそが、長崎市上西山町にある「諏訪神社」です。創建は1625年(寛永2年)という長い歴史と格式を持ち、地元では「おすわさん」の愛称で親しまれていますが、着物散策にもマッチします。

長崎らしい長くて急な階段、洗練された雰囲気の境内、縁結びの陰陽石、両性合体石で有名な拝殿、恋占いの像、美しさと荘厳さを兼ね備える本殿など、歴史と伝統だけでなく、ちょっぴりミステリアスでエンタメな要素も垣間見える当社は、緊張と緩和をバランスよく併せ持つ和服の本質と高い親和性があります。

「長崎くんち」の予定に合わせて、あるいはお正月の参拝に、はたまた恋のご利益を授かるべく…「諏訪神社」を訪ねてみてください。

 
▲ ページの先頭へ
初心者でも安心の着付け教室ガイド