初心者でも安心の着付け教室ガイド

初心者でも安心の着付け教室ガイド

無理なく通える着付け教室の上手な選び方

外出授業があるのはココ 気軽に学べる教室ベスト3 授業が充実しているのはココ 費用が安い教室はココ 評判がいい教室ベスト3 総合ランキングを発表
口コミで選ぶきもの着付け教室ランキング » 厳選!エリア別着物スクールなび » 三重

三重

三重県内で着付け教室をお探しの方もいらっしゃるかもしれません。そういう方はぜひこのページをご覧ください。

ここでは、三重県で人気のある着付け教室を紹介しています

それぞれの特徴やコース、料金なども掲載しているので、参考にしてくださいね。

三重県にある着付け教室簡単早見表

創立50年以上
信頼と実績豊富な教室
~小林豊子きもの学院~

小林豊子きもの学院公式HP
1回の料金 5,000円~
(料金は月謝制)
無料オプション 無料体験、一式レンタル、他

小林豊子きもの学院の
公式HPで
無料体験について確認

着られる誇り
楽しみ方まで身に付く
~着付教室nao~

着付教室nao公式HP
1回の料金 2,000円~
(グループ/2時間)
無料オプション 専用小物6回まで無料レンタル

着付教室naoの
公式HPで
無料体験について確認

多彩なレッスンが受けられる
~美保姿名古屋きもの
着付け学院~

美保姿名古屋きもの着付け学院公式HP
1回の料金 2,500円~
無料オプション 無料体験入学

美保姿名古屋きもの
着付け学院の公式HPで
無料体験について確認

小林豊子きもの学院

小林豊子きもの学院公式HP

引用元:小林豊子きもの学院公式ホームページ(http://kobayashitoyoko.com/)

確かな指導で着付けレッスンをサポート
小林豊子きもの学院の公式HPで確認 無料体験について確認してみる

小林豊子きもの学院の
特徴

創立50年以上、長い経験と実績を持つ「小林豊子きもの学院」。教室数は全国1位の800教室に及び、人気と知名度、ネットワークの広さが抜群です。着付け教室としての持ち味は、分かりやすいレッスンコースと充実したカリキュラム、それに利便性の高さや各種サービスの多彩さです。

着付けクラスは7つあり、普段着の着付けと半巾帯結びをマスターする「本科 基礎クラス」をはじめ、2級きもの講師免許状の取得を目指す「本科 応用クラス」、留袖の着つけと二重太鼓を学ぶ「師範科中等クラス」、きもの助教授免許状及び着つけ技能師免許状の取得を目指す「助教授講座」、「教授補講座」、「教授講座」と、ライセンス取得やキャリアアップを前提にした段階的構成になっており、各コースの内容は本格的で充実しています

小林豊子きもの学院の
無料オプション

入会前に教室の雰囲気を知っておきたいという方向けに、小林豊子きもの学院では、無料体験レッスンを開催しています。料金はもちろん無料。所要時間は1時間~2時間程度ですが、その中で着付け(下着・長襦袢・着物・帯)や着物・帯のたたみ方を学ぶことができます。合わせて、授業内容や雰囲気のチェックもできるので、どこの教室にしたらいいか迷ってる方はぜひ参加しておきたいところです。

コースやカリキュラムだけでなく、かんたん予約や無料体験、講師と話し合って授業のスケジュールを決める仕組みなど、利便性やフォローの良さも目立ちます。本格的な着付けの知識とスキルを、安定したバックアップ体制の中で習得したい方におすすめの教室です。

小林豊子きもの学院に通う生徒さんの口コミ

学院に通えば通うほど着実に知識と技術が身に付いていくので、それに伴って着物への造詣と世界観も広がっていきます。同時に価値観を同じくする受講生の皆さんとお友達になれたことも、自分にとっては大きな財産になりました。

教室で教わっていることは、着付けの知識とスキルだけではありません。個人的に大きかったのは、着物を着て出かける楽しさ、喜び、誇りです。普段着として着物を着ることがいかに素晴らしいか、学院に入って初めて気づかされました。ありがとうございます。

小林豊子きもの学院の概要

コース 本科基礎クラス・本科応用クラス・師範科中等クラス・師範科高等クラスなど
費用 基礎コース(全12回):5,000円(税別)
無料体験の有無 あり
住所 三重県四日市市別名四丁目9-31(豊緑きつけ羽津教室)
最寄駅 近鉄名古屋線「霞ヶ浦駅」から徒歩15分
開講時間 記載なし

小林豊子きもの学院の公式HPで確認 無料体験について確認してみる

着付教室nao

着付教室nao公式HP

引用元:着付教室nao公式ホームページ(https://kimono-dressing.com/)

自装も他装もお気に召すまま、資格取得可
着付教室naoの公式HPで確認 無料体験について確認してみる

着付教室naoの特徴

三重県四日市市で美装流の着付け教室を開講している、「着付教室nao」。美容室のようなシャレた教室名ですが、ネーミングの由来は講師の実際の名前になります。着付け教室としての特徴は、質の高い講師によるハイレベルな技術指導と、シンプルなコース内容です。

コースは自装と他装に区分し、それぞれでグループレッスンと個人レッスンを選択できるシステム。マンツーマン指導で集中的に取り組みたい人は個人レッスンを、友人や仲間と励まし合いながらスキルを身に付けたい人はグループレッスンといった具合に、ニーズに合わせて受講スタイルを選べる自由さがあります。

着付教室naoの無料オプション

着付教室naoでは、無料授業体験など目立った無料オプションはありませんが、美装流(前結び)に必要な専用小物(帯板、帯枕、長襦袢ベルトなど)に関して、受講中のみ6回まで無料レンタルしています。

着付教室naoの講師について

講師は教室の設立者にして、某大手「後結び」の流派で師範を取得している、櫻井奈緒氏。着付けの道で豊富な経験と実績を積むと同時に、美容師免許も取得するなど多彩な能力の持ち主であり、美装流・着付け教室の指導者にふさわしい実力と風格を備えています。信頼できる講師の下で本物の着付けを覚えたい方に、「着付け教室nao」はおすすめです。

着付教室naoに通う生徒さんの口コミ

口コミは見つかりませんでした。

着付教室naoの概要

コース 自装・他装/「グループレッスン」「個人レッスン」
費用 自装「グループレッスン」の場合 4,000円/2時間
無料体験の有無 なし
住所 三重県四日市市下之宮町153-1
最寄駅 近鉄富田駅より徒歩20分
開講時間 昼間 月・水・木・金・土・日/10:00~12:00 土・日/14:00~16:00
夜間 月・水・木・金/19:00~21:00

着付教室naoの公式HPで確認 無料体験について確認してみる

美保姿名古屋きもの

美保姿名古屋きもの着付け学院公式HP

引用元:美保姿名古屋きもの着付け学院公式ホームページ(http://mihosugata.jp/)

ハイレベルなマンツーマン指導、自宅で
レッスンが受けられる
美保姿名古屋きもの着付け学院の公式HPで確認 無料体験について確認してみる

美保姿名古屋きもの
着付け学院の特徴

全日本着装コンサルタント協会公認の着付け教室、「美保姿名古屋きもの着付け学院」。際立つ特徴は、目的に合わせて選べる豊富なコース、そして自宅でレッスンが受けられる「出張教授」を行っていることです。「出張教授」は受講生が通うのではなく、講師が受講生宅に伺うシステムのため、通学する必要がありません。小さい子供がいる方、仕事をしている方、出かけるのが億劫な方にとってはメリットでしょう。

一方、コースやカリキュラムも充実させており、「授業料コース」「本科コース」「専科コース」「師範科コース」「プロ養成コース」と、初心者向けから上級者向けまで幅の広いラインナップであり、目的に合わせて選べる選択肢の広さが際立ちます。p

そのほか、月に一度開講されている復習講座を卒業してからも受講できるなどアフターフォローもしっかりしていますし、着物パーティーや観劇会など色々なイベントも企画されているので、当校でなら楽しく充実した着付けライフが送れるでしょう。

美保姿名古屋きもの
着付け学院の無料オプション

美保姿名古屋きもの着付け学院では無料オプションとして、90~120分のお試し稽古(無料体験入学)を実施しています。利用することで着付け指導の概要が体験できるほか、実際の授業内容や個人レッスンの素晴らしさ、自分に合ってるかどうかなど、色々なことを見学したり確認することができるでしょう。

お試し稽古とはいえ、かなり自由度の高い特別レッスンであり、時間と場所を自由に選べるほか、用意する物一切なし、訪れるのは協会公認のベテラン講師であるなど、本番さながらのスペックと環境で授業が受けられます。

美保姿名古屋きもの着付け学院に通う生徒さんの口コミ

素晴らしい特徴ばかりの着付け教室ですが、一番助かるのは自宅まで指導に来てくれることですね。小さい子供がいるので教室通いは無理だろうと諦めていましたが、出張教授をしている美保姿名古屋きもの着付け学院さんのおかげで、受講が実現できました。

講師の方の熱心な指導のおかげで、少しずつですが上達していき、自分で着られるようになりました。気軽な気持ちで始めた着付けですが、今では自分で着物を着てお出かけするのが楽しみになっています。着物以外のお話が聞けたりアドバイスをもらえるなど、副次的なメリットも多いです。

美保姿名古屋きもの着付け学院の概要

コース 「授業料コース」「本科コース」「専科コース」「師範科コース」など
費用 本科コースの場合 20,000円/1回90分×8回
無料体験の有無 あり
住所 三重県駅部田町682-30
最寄駅 近鉄山田線「東松坂駅」より徒歩30分
開講時間 記載なし

美保姿名古屋きもの着付け学院の公式HPで確認 無料体験について確認してみる

「三重県」で着物を着て楽しめるスポット紹介します

三重県は、歴史的な建造物や有名なパワースポットなど、着物を着て散策したくなるような場所が数多くあります。

せっかく着物を着られるようになったのなら、ぜひこれから紹介するような場所を訪れてみてください。きっと、思い出に残る時間が過ごせますよ。

三重県には伊勢神宮を始め、歴史を感じられるスポットが各所に存在しています。

  • 伊勢神宮
  • おかげ横丁
  • 松阪
  • 伊賀

伊勢神宮

伊勢神宮は、日本全国にたくさんある神社の中でも特別な神社として古来より敬われてきた神社です。

なお、「伊勢神宮」という名称は他の神社と区別するための呼び名であり、正式な名称は地名のつかない「神宮」。三重県伊勢市とその周辺に鎮座する125のお社の総称となっています。

中心となるのは、皇室のご祖先である天照大御神をおまつりする皇大神宮(内宮)と、天照大御神のお食事をつかさどり、衣食住はじめ産業の守り神である豊受大御神をおまつりする豊受大神宮(外宮)となります。

豊受大御神は内宮の天照大神のお食事を司る神様で、衣食住、産業の守り神としても崇敬されています。

伊勢神宮の歴史は2000年以上前までさかのぼり、第11代垂仁天皇の御代、天照大御神のお告げによって皇大神宮がまつられ、約500年後の第21代雄略天皇の御代に、豊受大御神が伊勢に迎えられました。

現在、神宮では年間で約1500回ものお祭りが行われていますが、神宮、そして日本国中で最高最大のお祭りとなるのが、式年遷宮というお祭りです。

これは20年に一度、すべてのご社殿をはじめ御装束・神宝などを新しく造り替えるお祭りで、それによって神宮がみずみずしく保たれ、ご神威が高まることを願って行われてきました。

近年では2013年に第62回が行われ、皇大神宮・豊受大神宮の両正宮、及び荒祭宮・多賀宮の両第一別宮の遷御の儀が斎行されました。

伊勢神宮の内宮の入口である宇治橋を渡り、玉砂利が敷き詰められた長い参道を歩いていくと、そこには日本の原風景が広がっています。

歩いているだけで自然なパワーを感じられる、神秘的な空間です。さらに、別宮に続く道にはパワーツリーとして有名な杉の木があります。ぜひ、こちらにも立ち寄ってみてください。

おかげ横丁

おかげ横丁は1993年、第61回神宮式年遷宮に際し、「お伊勢さん(伊勢神宮)のおかげ」という気持ちが込められて開業された横丁です。

伊勢神宮は2000年の歴史があり、これまで数多くの旅人、参拝者が訪れ、それによって伊勢は賑わってきました。そうした伊勢への感謝、そして訪れた旅人が快い時間を過ごせるようにという思いが詰まっています。

おかげ横丁には数多くの飲食店が建ち並んでおり、伊勢神宮でお参りをした後に食事を楽しむのにはぴったりです。

中でも有名なのが「赤福」の赤福もち。全国的にも有名なこのおもちを作っている赤福の本店があるので、できたてをすぐに食べることができます。

また、暑い時期には赤福氷という限定のかき氷もおすすめです。他にも、「ふくすけ」の伊勢うどんなど、おいしいものがたくさんありますので、ぜひ一度立ち寄ってみてください。レトロな雰囲気も、着物によくマッチしますよ。

松阪

松阪は、伊勢神宮のお参りの後に訪れる街として、古来より栄えてきた街です。

江戸時代には商業の街として知られており、現在でも城跡や武家屋敷が残る、古き良き街並みが残っています。

また、松阪と言えば、全国的にも有名な「松阪牛」は外せません。「肉の芸術品」と呼ばれるほどの美しさ、口に入れるととろけるようにほぐれていきながら旨みがあふれる松阪牛のお店もたくさんありますので、参拝後の楽しみとして、おすすめです。すき焼き、焼肉、どれを食べてもおいしいので、お好みでどうぞ。

伊賀

伊賀は、「忍者の里」として知られている街であり、現在でも歴史を感じさせる街並みが残っています。

中でもシンボルとなっている「伊賀上野城跡」は国の史跡名勝記念物に、その天守閣は伊賀市有形文化財に指定されています。優雅なたたずまいから「白鳳城」とも呼ばれているお城で、伊賀のランドマークタワーとして、人々に親しまれています。

また、このお城は伊賀地域の文化と産業振興の拠点と位置づけられ、「伊賀文化産業城」とも名付けられました。

伊賀城の見所のひとつとして、日本一の高石垣があります。城作りの名人として知られる戦国武将・藤原高虎が本丸の西に築いた石垣は、高さが約30メートル。大阪城と並んで日本一の高さを誇っています。

伊賀忍者に関するスポットも外せません。「伊賀流忍者博物館」は、上野公園の中に位置する伊賀忍者を紹介している博物館です。

忍者に関するさまざまな展示を見学できるだけでなく、実際に忍者体験をすることができるという点も魅力の一つ。昔からの伝承を受け継ぎつつ、堅苦しくなく楽しめるショーなどが人気です。近年では「NINJA」を楽しみに訪れる外国人観光客の姿も多いようですよ。

「三重県」ならではの着物

松阪もめん

三重県を代表する織物のひとつに、「松阪もめん」があります。

天然藍の先染め糸を使って織り成す縞柄が特徴的で、染め方で濃淡を表現できることから、デザインパターンは無限にあると言われています。

着る人を選ばず、誰でも楽しめる松阪もめんの着物は、老若男女を問わず多くの人々に親しまれてきました。

松阪もめんは数百年の歴史があり、江戸時代には遠く江戸でも人口の半分近い数が売れたとの逸話が残されています。

これは、当時の江戸においては派手な着物を着ることを禁じられていた中で、遠目には無地ながら近づくとさまざまな縞柄模様が楽しめる、という松阪もめんの特徴が人々に喜ばれたからなのだとか。

こうした着物を支えたのが、松阪が誇る紡績技術。そんな松阪もめんは今日でも松阪を中心に受け継がれており、多くの人々に親しまれています。松阪には今なお多くの着物屋さんがあるので、着物に興味があるのであれば、ぜひ松阪もめんを身につけて伊勢などを訪れてみてください。

 
▲ ページの先頭へ
初心者でも安心の着付け教室ガイド